中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

目標を表す言葉を作文

小論文 目次 >

 問題文を読んで作文してみましょう。

問題
 あなたのクラスでは、「クラスの目標を表す言葉」につ いて考えることになり、その結果、次の 銑の3つの言 葉の中から、1つを選ぶことになりました。あなたなら、 どの言葉を「クラスの目標を表す言葉」として選びますか。
 次の 銑から1つ選んで、あなたの意見を、その言葉をクラスの目標にしたいと考える理由がよくわかるように、 体験や具体例を示しながら、あとの〔条件〕に従って書いてください。
「切嵯琢磨」 白ら努力を続けたり仲間と励まし合っ たりして学徳を高めること。
「一期一会」 生涯にただ一度出会うこと。一生に一 度限りであること。
「無我夢中」 我を忘れるほど、ある物事に熱中する こと。
〔条件〕
1.  段落や構成に気をつけて250字程度で書く。
2.  原稿用紙の正しい使い方に従って書くこと。ただし、 部分的な書き直しや書き加えなどをするときは、必ず しも「ますめ」にとらわれなくてよい。
3.  題名や氏名は書かないで、本文から書き始める。 また、本文の中にも氏名や在学(出身) 校名は書かな い。
(香川県高)


クラスの目標がなぜ必要なのだろうか?
中学校の課題を少しでも解決するため。

どのような課題があるか?
 ・学力、学習意欲
 ・読解、思考、応用力
 ・問題解決力
 ・体力
 ・いじめ、思いやり
 ・スマホ依存
 ・不登校
 ・自然体験
 ・読書離れ
 ・発表力 …

それぞれの四字熟語の特徴は?
集団向き 個人向き 理由
切嵯琢磨 生徒たちと自分がいる
一期一会 刹那を大切に、は個人的
無我夢中 各自のベクトルが異なる
→ 切磋琢磨にする。

何を書くか?
生徒たちと問題を共有し、議論という切磋琢磨の過程を通じて、学校の問題を解決する。

問題の具体例は? ← 各自、考える。
来年の遠足先をどこにするか、提案してほしいと先生から依頼があった。
問題
 恒例の遠足登山は、多くの生徒が何度も登っている山で、つまらないという意見が多い。

どのように問題解決したか?
遠足先の案をクラスで示した。
 隣り町の湖沼まで砂浜づたいに歩く。
 目新しさがある。
議論
 砂の上は歩きにくい→ 砂が固い波打ち際を歩く
 靴がぬれる→ 替えの靴下を持つ
 初めてでだいじょうぶか→ 事前の疑似遠足で確かめる
 波が高いと危ない→ 安全な天候・潮位の日に行う
 水場がない→ 多めに水を持っていく
    :
結果
またとない自然体験ができた。
 アザラシが海岸に沿って泳いでいた。
 海辺の沼にトゲウオという魚がいた。
 磁石を持って来た生徒は、砂鉄を集めた。

 作文例を示します。

作文例
´↓きキΝЛ┃悪鵜沖貝














 私は、クラスの目標を表す言葉として「切
磋琢磨」を選ぶ。なぜなら、皆と問題を共有
し、議論という切磋琢磨の過程を通じて、問
題を解決することが可能だからである。
 来年の遠足先について提案してほしいと先
生から言われた。恒例の登山は、よく行くの
で、つまらないという意見が多いとのことだ。
 私は、砂浜歩きの遠足を皆に諮った。新規
性、経路、安全面などを議論し、改善したこ
の案に決まった。当日、海岸に沿ってアザラ
シが泳いでいた。目的地の海辺の湖沼にはト
ゲウオという魚がいた。磁石を持って来た友
達は砂鉄を集めていた。協議した遠足で、ま
たとない自然体験ができた。

JUGEMテーマ:学問・学校

- | 中学からの作文・論文 ホーム | - | - | permalink

漢字の読み書き306

漢字の読み書き 目次 >

A 下線部の漢字は読みを書き、カタカナは漢字に直してください。
二勝二敗で迎えた団体戦の勝敗は、最後の選手にね られた。
先日、宇宙飛行士が自らの体験を語るコウエン会が催 された。

B 次の文中の傍線部と同じ漢字を用いるものを、あと のアからエまでの中からーつ選んでください。
 彼の作った銅像にはジュウコウ感がある。
祖父の家には、古いコウテツ製の金庫がある。
世界中が、彼の平和へのコウセキをたたえた。
学校の前の道路は、コウツウリョウが多い。
保育所は、コウセイ労働省が管轄している。
(愛知県高)

答 え












答 え
ゆだ(ねられた)
講演

鋼鉄
功績
交通量

JUGEMテーマ:学問・学校

- | 中学からの作文・論文 ホーム | - | - | permalink

古文の言葉267

古文 目次 >

 次の文章を読んで、後の問いに答えてください。

 ある時、狼喉に大きなる骨を立てて、すでに難儀にお よびける折節、鶴この(よし)を見て、「御辺(あなた)はなに事を悲しみ 給ふぞ。」と言ふ。狼泣く泣く申しけるは、「我喉(のど)に大きな る骨を立て侍り。これをば御辺ならでは救ひ給ふべき人な し。ひたすらに頼み奉る。」と言ひければ、鶴(くだん)くちば しを伸べ、狼の口をあけさせ、骨をくはへてゑいやと引 きいだす。その時、【 A 】、【 B 】に申しけるは、「今よ り後、この報恩(恩返し)によつてしたしく申し語るべし。」と言ひ ければ、【 C 】怒つて言ふやうは、「なんでふ(何を言うか)。汝がなにほどの恩を見せけるぞや。汝が頚くびき:首)しやふつと食ひきらぬも 今それがしが心にありしを、助けをくこそ汝がためには報恩なり。」と言ひければ、【 D 】力におよばず立ち去りぬ
 そのごと<、 悪人に対してよき事を教ふといへども、かへつてその罪をなせり。 然りといへども、悪人に対してよき事を教へん時は、天道に対し奉りて御奉公と思ふしべし。
  (「伊曾保物語」 東京学芸大附属高 入試文より)

 伊曾保(いそほ)物語は、江戸時代に翻訳されたイソップ物語です。

問題
1.  銑い琉嫐は語群のどれですか。
折節
(よし)
(くだん)
然り

語群
事情
例の
そうである
ちょうどそのとき

2. 文中の【 A 】〜【 D 】に、鶴または狼を当てはめてください。

3. 「力におよばず立ち去りぬ」とは具体的にどのようなことですか 。 銑イ里Δ舛らーつ選んで答えてください。
相手の力になろうと思って立ち去らなかった。
相手を説得しようと思って立ち去らなかった。
相手の力には及ばないと思って立ち去らなかった。
相手を助ける力がないと思って立ち去ってしまった。
相手の力にはかなわないと思って立ち去ってしまった。

4. 「そのごとく」とはどのような 内容を指していますか。次の 銑イ うちからーつ選んで答えてください。
助けた方はこの恩を忘れないようにと言ったにもかかわらず、助けられた方 は恩など受けた覚えはないと 言ったこと。
助けた方が恩返しなどは必要ないと言ったにもかかわ らず、助けられた方はぜひ恩返しをさせて欲しいと 言ったこと。
助けられた方が恩返しをしたいと言ったにもかかわら ず、助けた方は仲良くしてくれることが恩返しになる と言ったこと。
助けた方がこれから仲良くしようと言ったにもかかわ らず、助けられた方は命があるだけでもありがたく思 えと言ったこと。
助けられた方がこれから親しくしようと言ったにもか かわらず、助けた方は生きているだけで幸せだと思え と言ったこと。

5. この話の教訓はどのようなことですか。次の 銑イ里Δ舛らーつ選んで答えてください。
悪人に良いことをしてもかえって自分がひどい目に遭 うのであれば、天の神様に訴えて悪人を処罰させた方 がよい。
悪人に正しい道を教えようとするならば、彼らに天の 神様に奉仕して自分の行いを悔い改めるようにさせる のがよい。
悪人に恩返しの気持ちを教えることができないと思う ならば、天の神様の力で悪人を改心させるようにした 方がよい。
悪人に恩を施した時は、自分に災難がふりかからな かったことがお返しだと思い、天の神様に奉仕したと思うのがよい。
悪人に恩を施した時は、必ず天の神様がその行いを見 てくれていて、最後には仲良くさせてもらえると考えるのがよい。

答 え











答 え
1.
 エ  ちょうどそのとき
 ア  事情
 イ  例の
 ウ  そうである

2.
 鶴
 狼
 狼
 鶴

3. 

4. 

5. 

JUGEMテーマ:学問・学校

- | 中学からの作文・論文 ホーム | - | - | permalink

熟語を使った文章308

三字・四字熟語 目次 >

 「心」を含む四字熟語です。下線部に当てはまるものを語群から選んでください。
1.   一年の計は元旦にと意気込んで、いろいろな計画をたてた人も多いだろう。  (略) また失敗? 職場、学校を見ての通り、新しい年、新年度というのは4月1日から。ここから______すればいい。
2.  私が「手打ちうどんに挑戦する」と家族に話すと、父が手伝うと言ったので驚いた。 (略) 初めは父との共同作業に少し抵抗があったが、固い生地を交代で______にこねるうちに気恥ずかしさは消えていた。
3.  ねじれ国会のもとでの党首討論は、党首同士が______に意見を述べ合い、難局を打開する場でもありたい。
4.  トヨタ自動車の豊田章男社長は、記者団に対し「喜んで公聴会に伺い、______答える。全世界に向けて、しっかりと原因究明への協力体制、安全性、顧客への安心感、信頼回復を訴えていきたい」と述べた。

語群
 虚心坦懐
 一心不乱
 誠心誠意
 心機一転

答 え











答 え
1. 心機一転 (あるきっかけで、気持ちがすっかり変わること)
2. 一心不乱 (一つのことに集中しているようす)
3. 虚心坦懐 (すなおで、わだかまりがないこと)
4. 誠心誠意 (まごころをもって行うこと)

参考文献
〔1〕読売新聞 2010年1月6日夕刊 「計画倒れでもいいのだ」
〔2〕同紙 2009年5月11日朝刊 U−25「父と打ったうどん」
〔3〕同紙 2011年2月10日朝刊 社説「党首討論」
〔4〕同紙 2010年2月19日夕刊 「豊田社長 米公聴会出席へ」
(表記の一部を変更しています)

JUGEMテーマ:学問・学校

- | 中学からの作文・論文 ホーム | - | - | permalink

ことわざを使った文章311

ことわざ・慣用句 >

 下線部に当てはまることわざ・慣用句は語群のどれですか。
1.  携帯電話の通信サービス料金に関して、東京の値下がりの鈍さが______になった。海外に比べ、格安スマホの普及が遅れていることなどが原因だ。
2.  橋やトンネルなどの老朽化対策が、予算が足りないなどの理由で、おろそかになっていた面はないだろうか。 (略) 中央道・笹子トンネルの天井板崩落事.故の記憶も残る。イタリアの高速道高架橋崩落事.故を______にすべきでない。
3.  私は数年前、不摂生な生活をしていた父を亡くしましており、夫がその______にならないかと心配です。
4.  クリスマス用品を扱う店の主人は、「人件費や材料費が上がっているのに今度は貿易戦,争。商売の見通しが立たない」と______。

語群
 二の舞い
 肩を落とした
 浮き彫り
 対岸の火事

答 え












答 え
1 浮き彫り (形や特徴が明らかになること)
2 対岸の火事 (他人にとっては重大でも、自分には関係がないこと)
3 二の舞い (前の人と同じ失敗をくり返すこと)
4 肩を落とした (肩を落とす: がっくりする)


参考文献
〔1〕読売新聞 2019年9月20日朝刊 「携帯代 やっぱり高い」
〔2〕同紙 2018年10月15日朝刊 気流 「トンネル老朽化 対策急げ」
〔3〕同紙 2018年10月28日朝刊 「人生案内」
〔4〕同紙 2018年9月25日朝刊 「制裁関税第3弾」
(表記の一部を変更しています)

JUGEMテーマ:学問・学校

- | 中学からの作文・論文 ホーム | - | - | permalink
中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ