中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

古文の言葉281

古文 目次 >

 次の古文を読んで、後の問いに答えてください。

 孟嘗君まうしゃうくん:中国の政治家)が楽しみに飽きみちて(十分満足して)、もののあはれを知らざりけり。雍門ようもん:琴の名手)といふ人、わりなく琴をひく。聞く人、涙を落とさずといふことなし。君がいはく、「雍門、よく琴をひくとも、われはいかでか泣かむ」といひて、ひかせけるに、まづ世の中の無常をいひつづけて、折にあへる調ぺをかき合せて、いまだその声終らざるに、涙を落しけり。
(「十訓抄」による 宮城県高 入試文より)

 「十訓抄」(じゅっきんしょう)は鎌倉時代の説話集で、編者は分かっていません。

1. 銑い琉嫐は語群のどれですか。
あはれ
わりなく
いかでか泣かむ
折にあへる

語群
何としても泣かない
泣くはずはない
その場に合った
情趣
何ともすばらしく

2.本文中に「わりなく琴をひく」とありますが、雍門の琴の演奏について述べられているものとして、最も適切なものを選んでください。
雍門の演奏を聞いても、泣かない人もいる。
雍門の演奏を聞くと、誰もが泣いてしまう。
雍門の演奏を聞いたら、泣くこともないし言うこともない。
雍門の演奏を聞くには、泣いて想願しなければならない。

答 え











答 え
1.
 情趣
 何ともすばらしく
 泣くはずはない
 その場に合った

2. イ

JUGEMテーマ:学問・学校

- | 中学からの作文・論文 ホーム | - | - | permalink

熟語を使った文章327

三字・四字熟語 目次 >

 同じ語を含む四字熟語です。下線部に当てはまるものを語群から選んでください。
1.  イワナ釣りをj実際にやってみると、源流域にすむので、ポイント(居場所)に到るまでが大変である。(略)何とかポイントにたどり着いても、釣り糸が木の枝に引っかかったり、根がかりしたりで______ということもある。
2.  歌手の今井美樹が、全曲を松任谷(荒井)由美のカバーで構成した新作「Daialogue」を出した。長年、ユーミンの音楽を敬愛していただけに、葛藤もあったという。(略)「決意してからは______で挑んだ」という。
3.  政府は、労働者に事実上無制限の時間外労働を課すことが可能とされる労働基準法の「36協定」の運用を見直す検討に入ったという。______の残業や休日出勤は、労働者の生産性の低下につながると思う。
4.  「______ 」な情報が発信されるネット社会では、人間関係に細やかな気配りをすることが大事」と窪田さんは訴える。

語群
 多種多様
 不要不急
 全身全霊
 四苦八苦

答 え











答 え
1. 四苦八苦(非常に苦労すること)
2. 全身全霊(体と心のすべて)
3. 不要不急(必要でないこと、急を要しないこと)
4. 多種多様(種類が多く様々で あること)


参考文献
〔1〕読売新聞 2017年9月7日夕刊「頑固な岩魚 ずるい山女」
〔2〕同紙 2013年10月24日夕刊「ユーミンをカバー 今井美樹」
〔3〕同紙 2016年9月19日朝刊 気流「長時間労働 改革必要」
〔4〕同紙 2009年1月31日朝刊「〇×でなく △もいい」
(表記の一部を変更しています)

JUGEMテーマ:学問・学校

- | 中学からの作文・論文 ホーム | - | - | permalink

案内文を比較して作文

小論文 目次 >

 問題文を読んで作文してみましょう。

問題
 ある中学校では、毎年参加者を募り、地域の公園の済掃活動に参加しています。生徒会役員の中川さんは今年の清掃活動の日時や活動内容についての案内を、生徒会新聞に掲載することにしました。より多くの生徒に参加してもらうために、日時や活動内容の他に、参加を呼びかける文章も加えようと考え、その内容について他の生徒会役員と話し合いました。
 次のA案は、話し合いの前に中川さんが作成した文章で、B案は、話し合いをもとに改めた文章です。A案とB案を比較したうえで、あとの条件に従ってあなたの考えを書いてください。
A案
 私たちの学校では長年にわたって、地域の清掃活動に協力しています。昨年も多くの生徒が参加してくれました。作業は簡単な内容ですので、あまり負担を感じることはないと思いますし、そんなに長い時間もかかりませ ん。済掃活動に参加することで、きっと大きな充実感を味わうことができると思います。この活動をきっかけ に、奉仕活動について興味をもつようになった人もいます。皆さんもぜひ、積極的に参加してください。
B案
 私たちの学校が取り組んできた地域の清掃活動への協力も、今年で15年目を迎えます。昨年は全学年合わせて30名が参加しました。難しい作業はないので、初めて参加する人でも大丈夫です。昨年は地域の方から、「本当にきれいになったね」と声をかけていただき、とても充実した気持ちになりました。この活動をきっかけに、他の奉仕活動に参加するようになった先輩方もいます。皆さんもぜひ、植極的に参加してください。
条件
1.  2段落構成とし、前段ではA案と比較してB案は どのように工夫されているかについて書き、後段で は前段を踏まえて、文章を書くうえで大切なことに ついてのあなたの考えを書く。
2.  全体を150字以上、200字以内でまとめる。
3.  氏名は書かないで、本文から書き始める。
4.  原稿用紙の使い方に従って、文字や仮名遣いなどを正しく書き、漢字を適切 に使う。
(福島県高)


 次の手順にしたがって、作文してみましょう。
@問題文 → 質問に変換 → 質問に答える→ 答えを書く@

問題文が要求していることは何か?
徒会新聞に掲載する清掃活動の案内に、参加を呼びかける文章を加える。
その文章のA案とB案を比較し、B案の工夫について作文する。

比較は、類似(共通点)と差異(相違点)を明らかにすることです。ここでは、改善された相違点に着目しましょう。

案Aと案Bの相違点(改善点)は何か?
A案 B案
定量的 長年にわたって 今年で15年目
多くの生徒が参加 30名が参加
安心感 作業簡単、あまり負担感じないと思う、長い時間かからない 難しい作業はなく、初めての人も大丈夫
具体的
な効果
大きな充実感があると思う 地域の方から感謝の言葉で充実感あり
奉仕活動に興味を持つようになった人がいる 他の奉仕活動に参加するようになった先輩方もいる
→ B案は、定量的で、安心感を与え、具体的な効果に改善されている。

比較を通じて、文章を書くうえで大切なことは何か?
文章の目的をとらえ、目的を実現するための内容にする。
目的:多くの参加者を得る。
文章:安心感を与える。「思う」は頼りない主観的表現。
   定量的・具体的に述べ、イメージしやすくする。
   参加者の利点・効果を伝える。

構成
B案の工夫は三つある。
・定量的で具体的に表す(長年→15年目、多くの生徒→30名)。
・安心感を与える(負担を感じないと思う→ 初めての人も大丈夫)。
・効果を具体的に述べる(興味を持つようになった人→参加するようになった先輩)。
書く目的にかなう文章にすることが大切である。
 比較を通じて、文章を書くうえで大切なことを書く。
  B案のように、 多くの参加者を得るために、
   安心感を与え、
   具体的でイメージしやすくし、
   参加者に効果や利点が伝わるようにする。

作文例
´↓きキΝЛ┃悪鵜沖貝









 B案には三つの工夫がある。…衫姪に表
す(長年→15年目、多くの生徒→30名)。
安心感を与える(負担を感じないと思う→初
めての人も大丈夫)。8果を具体的に述べ
る(興味を持つ人→参加する先輩)。
 書く目的にかなう文章にすることが大切で
ある、と考える。そのためにはB案のように、
多くの参加者を得るために、安心感を与え、
具体的でイメージしやすくし、参加者に効果
や利点が伝わるように書きたい。

JUGEMテーマ:学問・学校

- | 中学からの作文・論文 ホーム | - | - | permalink

ことわざを使った文章329

ことわざ・慣用句 >

 時に関することわざ・慣用句です。下線部に当てはまるものは語群のどれですか。
 
1.  100ドル札の肖像にもなっているフランクリン氏が残した「______」という言葉は、時がたてば金利などでお金が増える「時間価値」の基礎として、金融工学の講義などで今も引用される。
2.  (猛暑の影響で)佐賀県の有明海では養殖カキの多くが死滅した。______の不振に関係者からため息がもれている。
3.  私も年を取りましたから、(ボランティアで)がれきを取り除いたり、炊き出しをしたりといった力作業で役に立つことは難しくなるでしょう。それでも自分にできる形で活動を続けていきたい。多くの自然災害が起き、誰もが「______ 」なのです。
4.  ______は、先のことを案じても始まらないので、成り行きに任せて生きるのがよいということ。

語群
 明日は我が身
 時は金なり
 明日は明日の風が吹く
 書き入れ時

答 え












答 え
1.時は金なり(時間は貴重なので無駄に過ごしてはいけない)
2.書き入れ時(商売繁盛のとき。帳簿に「書き入れ」から)
3.明日は我が身(いつ自分のことになるかわからない)
4.明日は明日の風が吹く(とりこし苦労をしても始まらない)


参考文献
〔1〕読売新聞 2007年12月2日朝刊 「一筆経上 中にあるのは何ですか」
〔2〕同紙 2010年12月14日夕刊「サケ・ホタテ・カキ品薄」
〔3〕同紙 2018年9月25日「」杉 良太郎さん 『怖さ』越え ボランティア」
〔4〕故事ことわざ辞典 (2020年5月22日参照)
(表記の一部を変更しています)

JUGEMテーマ:学問・学校

- | 中学からの作文・論文 ホーム | - | - | permalink

入試の漢字と意味10

入試の漢字と意味 >

 「漢字の読み書き」で、意味が補足されている漢字です。
 漢字は読みを書き、カタカナは漢字を書いてください。
1 暖かな春の日ざしを享受する。
2 天賦の才能をさらに磨いていく。
3 一人一人が行いをむことが大切だ。
4 学者が自説を声高にトナえる。
5 社長にシュウニンしたお祝いをする
6 セイコウ雨読の生活を送りたい。
(都立白鷗高)
答 え












答 え
1 きょうじゅ (受け入れて楽しむこと)
2 てんぷ (生まれつき備わったもの)
3 つつし(む) (気をつける)
4 唱(える) (強く主張する)
5 就任 (任に就くこと)
6 晴耕 (晴耕雨読:晴れなら田を耕し、雨なら読書するような悠々自適の生活)

JUGEMテーマ:学問・学校

- | 中学からの作文・論文 ホーム | - | - | permalink
中学からの作文・論文 プロセス
関連学習 コメント メルマガ