中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

熟語を使った文章312

三字・四字熟語 目次 >

 数字の「一」を含む四字熟語です。下線部に当てはまるものを語群から選んでください。
1.  県立横浜翠嵐高で開かれた数学の公開授業。______に積分の問題と格闘していた生徒たちが互いの答案をのぞき込む。教室はたちまち解き方を議論する声で熱気に包まれた。
2.  米国でアメリカウナギの稚魚の価格が高騰しており、______を狙った密,漁が後を絶たない。
3.  昔の日本のお父さんは、気に入らないといきなり食卓をひっくり返すようなイメージがありました。だからこそ、子どもたちは早く家を出て自由に生きたいと願い、______に自立を目指したのだと思います。
4.  カーボンプライシングは、COの排出で炭素税が上乗せされれば、経営の重荷となることが______に分かる仕組みだ。

語群
 一目瞭然
 一心不乱
 一獲千金
 一生懸命

答 え











答 え
1. 一心不乱 (一つのことに集中している様子)
2. 一獲千金 (一度に大金 を得ること)
3. 一生懸命 (命をかけるように全力をあげること)
4. 一目瞭然 (一目見ただけで明らかに 分かること)


参考文献
〔1〕読売新聞 2017年12月1日朝刊 「難関校突破 鍵は思考力」
〔2〕同紙 2017年9日夕刊 「稚魚の価格高騰で」
〔3〕同紙 2017年11月2日朝刊 社説 「少子化対策の実効性が肝心だ」
〔4〕同紙 2018年11月20日朝刊 「炭素税が排出減を促す」
(表記の一部を変更しています)

JUGEMテーマ:学問・学校

- | 中学からの作文・論文 ホーム | - | - | permalink

入試の四字熟語21

三字・四字熟語 目次 >

A 漢字は読みを書き、カタカナは漢字に直してください。
  隠忍自重して待ちの姿勢を貫く。
(都立国立高)
  キシカイセイの逆転ホームランを打った。
(都立青山高)

B 次の空欄に漢字を入れ、故事成語を完成してください。
1  【   】豹変
2  【   】肉林
3  五里【   】
4  【   】三遷
5  呉越【   】
(慶応義塾志木高)
答 え











答 え
A
 いんにんじちょう 隠忍自重: じっと我慢し、軽々しい言動を慎むこと。
 起死回生 だめになりそうな状態を立ち直らせること。


1  【君子】豹変  主張や態度が急に変わること。
2  【酒池】肉林  非常にぜいたくな酒宴。
3  五里【霧中】  方向を失い判断がつかないこと。
4  【孟母】三遷  教育は環境が大切であること。
5  呉越【同舟】  仲の悪い者が同じ場所にいること。

JUGEMテーマ:学問・学校

- | 中学からの作文・論文 ホーム | - | - | permalink

ことわざを使った文章315

ことわざ・慣用句 >

 「手」を含むことわざ・慣用句です。下線部に当てはまるものは語群のどれですか。
 小笠原諸島の兄島で、北米原産のトカゲが見つかった。 (略) 小笠原自然保護官事務所は「今のうちに______ことが大切」と危機感を募らせる。
 小学2年の息子は今春、念願だった地元の少年野球チームに入団した。上級生の______にならないか心配だったが、楽しそうに練習に通っている。
 介護支援専門員の資格試験を受けるには、______ほど忙しい医療や福祉の現場で5年以上の実務経験が必要だ。
 夫は「お茶飲む?」と言って立ち上がった。たとえ一時的でも女性は優しさに弱い。「いいわよ、私が入れる」。やっぱり夫の方が______かしら。

語群
 足手まとい
 一枚上手
 手を打つ
 猫の手も借りたい

答 え












答 え
1 を打つ (必要な対策をする)
2  足手まとい (活動の妨げ)
3  猫の手も借りたい (非常に忙しい)
4  一枚上手 (かけひきが一段と優れている。役者が一枚上)


参考文献
〔1〕読売新聞 2013年7月13日夕刊 「よみうり寸評」
〔2〕同紙 2014年7月16日気流 「息子が少年野球に 優しさを返したい」
〔3〕同紙 2012年11月10日日朝刊 気流 「若い受験者から刺激」
〔4〕同紙 2009年3月12日朝刊 ぷらざ 「少しの優しさ 負ける私」
(表記の一部を変更しています)

JUGEMテーマ:学問・学校

- | 中学からの作文・論文 ホーム | - | - | permalink

漢字の読み書き310

漢字の読み書き 目次 >

 下線部のカタカナを漢字に直してください。
母校の創立百年を記念して盛大なシュクテンが催され た。
島のシュウイは五キロメートルある。
事業拡大へのフセキとして新素材の開発に着手した。
迷ったら来た道を戻るのがテッソクだ。
落とし物を警察にトドけた。
地域の防災訓練にサンカした。
水中カメラでコテイに潜む生物を撮影することに成功 した。
子どもの頃からシタしい友人と一緒に食事をした。
この地方には古くからのフウシュウが残っている。
10 机の上には本がランザツに積まれていた。
(都立産業技術高専)

答 え












答 え
祝典
周囲
布石  (将来のための準備)
鉄則
届(けた)
参加
湖底
親(しい)
風習
10 乱雑

JUGEMテーマ:学問・学校

- | 中学からの作文・論文 ホーム | - | - | permalink

古文の言葉269

古文 目次 >

 次の古文を読んで、後の問いに答えてください。

 世のなりはひ(職業)は、素(もと)よりおのおの我が身の為に営むわざなれど、身の為になすとおもふ時は、おのづから私事(わたくしごと)出て、人の心よせを失ひ、おもはくを損なふ事もありぬべ ければ、おなじ事も、他(ひと)の為にして、我は又世の人に養はれんと、心得べきなり。他の為になすとは、譬(たと)へば、木匠(こだくみ)は、誂(あとら)へし(注文した)人の為によき材を選びて、ひたすらにその家をよく作りまゐらせばやと身を労(いたづ)き、商人は、買ふ人の 為に、よき品を選(え)りおきて、すこしも価軽くしてまるらせばやと、心尽くすたぐひをいふなり。
 何事にも然しか:そのように)人の為に身を労き心尽くさば、他も又我が為に情けをかけ、誠(真心)をはこびて、我が身は世の人より養ひて(たま)はるなり。
( 「待問雑記」 山形県高 入試文より)

 待問雑記(だいもんざっき)は、橘守 部(たちばなもりべ)による江戸時代の随筆です。

1.  銑い琉嫐は語群のどれですか。
おのづから
心よせ
まゐらせばや
賜はる

語群
差し上げたいものだ
自然と
いただく
期待

2. 本文から読み取れる教訓をまとめたものとして、最も適切なものはどれですか。
商売におい ては信頼関係が最も大切であることを理解し、相手からのどんな要望に対しても耳を傾けるべきであるということ。
自分が世の中の人々の生活を支えているという誇りをもち、与えられた仕事に対して主体的に取り組むべ きであるということ。
売る相手がいてはじめて商売は成り立っていること を意識し、常に相手に損をさせないように行動するべ きであるということ。
自分は世の中の人々から生かされていることを自覚 し、相手のために行う気持ちで仕事や生活にあたるべきであるということ。

答 え











答 え
1.
 自然と
 期待
 差し上げたいものだ
 いただく

2. エ

JUGEMテーマ:学問・学校

- | 中学からの作文・論文 ホーム | - | - | permalink
中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ