中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< February 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>

ことわざを使った文章309

ことわざ・慣用句 >

 火に関することわざ・慣用句です。下線部に当てはまるものは語群のどれですか。
1.  思い切った歳出削減予算を成立させた大阪府の試みを、真剣に見つめる自治体は多い。自治体全体の長期債務は約200兆円に達しており、財政が______状態の自治体にとって、大阪府は決して他人事ではないからだ。
2.  日本は今回の災害(四川大地震)を______とすべきではあるまい。
 耐震構造がきちんと施されているわが国の小・中学校や病院施設は、全体の6割前後にとどまっている。耐震補強工事を一層進めていく必要がある。
3.  録画装置については、コピー回数の制限を緩和して、1回から10回に増やす「ダビング10」の実施に向けて______。
 昨年11月、コピー制限緩和で合意した際、著作者団体は、その分の補償金を得られると考えていた。だが、録画装置を製造する電気機器業界が支はらいを拒否した。コピー回数が増えても、制限が残るなら補償は不要という。
4.  中,国はここ数年、北極と南極の調査を本格化させている。将来、極地での資源獲得競争の______のを視野に、今のうちに極地開発での存在感を高めておくためだ。

語群
 対岸の火事
 火種がくすぶっている
 火の車
 火ぶたが切って落とされる

答 え












答 え
1. 火の車 (経済状態が非常に苦しいこと)
2. 対岸の火事 (他人にとっては重大でも、自分には関係がないこと)
3. 火種がくすぶっている (騒動の原因が未解決のまま続いている。類: 火種を抱える)
4. 火ぶたが切って落とされる (火蓋を切る: 戦いを始める。火縄銃の火蓋のひもを切って開けることから)


参考文献
〔1〕読売新聞 2008年7月28日朝刊 社説「大阪の予算」
〔2〕同紙 5月14日朝刊 社説「四川大地震」
〔3〕同紙 2月5日朝刊 社説「地上デジタル 番組の保護と利便性が大切だ」
〔4〕同紙 1月5日朝刊 「極地資源 中,国も触手」
(表記の一部を変更しています)

JUGEMテーマ:学問・学校

- | 中学からの作文・論文 ホーム | - | - | permalink

漢字の読み書き303

 下線部の漢字は読みを書き、カタカナは漢字に直してください。
 愛顧をり、百周年を迎えた。
 国際会議で、重要な法案が批准された。
 うかつにも馬脚をあらわして恥をかく。
 この人の生き方は刹那的であると感じる。

 動物にキガイを加えてはいけない。
 朗らかな春、鮮やかな紅白のバイリンを散歩する。
 イズまいを正して、彼女の話の続きを聞く。
 この店では職人がセイセイした品を販売している。
(都立隅田川高)

答 え












答 え
 こうむ(り)  (被る: 受ける)
 ひじゅん  (国家間の確認・同意の手続き)
 ばきゃく  (馬脚をあらわす: かくしていたことがばれる)
 せつな  (刹那的: 目の前の喜びを求める様子)

 危害
   梅林
   居住(まい)  (居住まいをただす: きちんと座り直す))
 精製  (精製する: 念入りに作る)

JUGEMテーマ:学問・学校

- | 中学からの作文・論文 ホーム | - | - | permalink

入試の四字熟語16

三字・四字熟語 目次 >

A カタカナは漢字に直し、漢字は読みがなを書いてください。
1 玉石コンコウ
(長野県高)


2 私の師は温厚篤実な人柄だ。
(都立新宿高)


B 下線部の様子を表す四字熟語はどれですか。
 彼は芸術祭に向け、わき目も振らずに作品制作に取り組んでいる。
1 才色兼備
2 表裏一体
3 一心不乱
4 変幻自在
(栃木県高)

答 え











答 え

1 玉石混交 (価値のある ものとそうでないものが混ざっていること)
2 おんこうとくじつ (温厚篤実: 穏やかで情深く、まじめであること)

B 3
1 才色兼備 (女性が優れた才能をもち、顔かたちも美しいこと)
2 表裏一体 (相反するものが密接につながっている関係)
3 一心不乱 (一つのことに集中しているようす)
4 変幻自在 (変化が思いのままであること)

JUGEMテーマ:学問・学校

- | 中学からの作文・論文 ホーム | - | - | permalink

古文の言葉264

古文 目次 >

 次の文章を読んで、後の問いに答えてください。

 よく物を心にとめてわすれぬ者が、「むかしいづこの 山にのぼりしが、 山にかかる(このような)峰に松のいくもと(数本)ありて、そのうちにかく枝たれたるに、いま一木高くそびえてだでり。そのかたはらにまき(針葉樹の名前)の大きやかなるが、横ざまに生ひいでて、青つづら(つる草の名前)のかかりしさま」 などとかたるに、いとこまやかにおぼえ給ふ物かな。君が庭も、その山によりてつくり給ひしや。松のあるなかにまきの見えたるが、姿は いかにありしかなどたづぬれば、「わが庭にも【   】のありしや。つね見はべればわすれたり」といひき。
 まきの木…写真  青つづら…写真
  (「花月草子」 富山県高 入試文より)

  花月草紙(かげつぞうし)は、江戸時代に松平定信によって書かれた随筆集です。
(要旨)
  ある人が山で見た峰の様子を語った。「松が数本あり、大きなまきの木も生えていて、青つづらがかかっていました」と。
 (それを聞いた人は、)たいそう細かく覚えていますね。あなたの庭もそのように造ったのでしょうか。松のある中にまきの木が見えましたが、どのような姿ですかと尋ねた。ある人は答えて言った。

問題
1.  銑い琉嫐は語群のどれですか。
心にとめて
かく
かたはら
よりて

語群
このように
もとに
記憶して
そば

2. 【   】に入る言葉として適切なものはどれですか。
ア 山   イ 峰   ウ まき   エ つづら

3.本文に書かれている内容として適切なものはどれですか。
 ある人が以前登った山のことを細部にわたってよく 覚えていて、誰に対しても語って自慢していた。
 ある人が以前登った山の松やまきの様子を気に入り、その様子に似せて金を惜しまず豪勢な庭を造った。
 ある人が以前登った山のことは覚えているのに、い つも見ている自分の庭のことは覚えていなかった。
 ある人が以前登った山の松の木に青つづらのかかっ ている様子を見て、自分の庭にも青つづらを植えた。

答 え











答 え
1.
 ウ  記憶して
 ア  このように
 エ  そば
 イ  もとに  
2. ウ まき
3. ウ

JUGEMテーマ:学問・学校

- | 中学からの作文・論文 ホーム | - | - | permalink

熟語を使った文章306

三字・四字熟語 目次 >

 「心」を含む四字熟語です。下線部に当てはまるものを語群から選んでください。
1.  「みなみらんぼうと歩く、食べる、語る」会に参加した女性は、「私はお嫁に来てから、美(み)の山には数え切れないほど登っています。うれしいときや悲しいときなど、思い出はいろいろあります。すぐ近くの山なので、______のようです」と語っていた。
2.  アメリカ人のように、論理的に正しいからと自分の意見を強く主張したりすると、「ユーモアのない人」と遠回しに非難されます。「自慢」はアメリカでは率直と受け取られますが、イギリスでは厳禁です。周りの空気や相手の気持ちに配慮したり、______を大事にするなど日本と似ています。
3.  (フィギュアスケートの村主章江は)ジャンプの調子を崩し、低迷していた。今季は______、世界的なコーチ、ニコライ・モロゾフ氏の指導を受け始め、ジャンプも復調した。
4.  食品業界の問題発覚は、内部告発がきっかけになることも多いと聞く。こうも不祥事が続くと、罪悪感を感じながらも言い出せない関係者が多いのではないかと______にさえなる。

語群
 以心伝心
 一心同体
 疑心暗鬼
 心機一転

答 え











答 え
1. 一心同体 (複数の人が心を一つにして行動すること。結びつきが強いこと)
2. 以心伝心 (言わなくても通じあうこと)
3. 心機一転 (あるきっかけで、気持ちがすっかり変わること)
4. 疑心暗鬼 (疑い始めると、何でもないことまでも疑わしくなること


参考文献
〔1〕読売新聞 2008年11月17日夕刊 「みなみらんぼうの一歩二歩山歩 美の山」
〔2〕同紙 2007年12月5日朝刊 「時代の証言者 米と英 違いにびっくり」
〔3〕同紙 2009年12月26日夕刊 「復調村主 表彰台狙う」
〔4〕同紙 2007年12月4日朝刊 気流 「食に感謝忘れた偽装相次ぎ怒り」
(表記の一部を変更しています)

JUGEMテーマ:学問・学校

- | 中学からの作文・論文 ホーム | - | - | permalink
中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ