中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

漢字の読み書き336

漢字の読み書き 目次 >

 漢字は読みを書きき、カタカナは漢字に直してください。
A
1 性懲りもなく挑戦し続けた。
2 彼女の挙措に強い感銘を受けた。
3 拙劣な政策に人々は驚きあきれた。
4 気にしていた仕事の進捗の具合を尋ねる。
5 自縄自縛に陥り、身動きが取れなくなってしまった。
B
1 おみくじを神社の木にわえる。
2 それは許しがたいハイシン行為だ。
3 彼女はイットウチを抜く秀才であった。
4 彼とはコンリンザイ話をしないことにした。
5 あの方はまれに見るハクランキョウキの人である。

(都立日比谷高)
答 え












答 え
A
1 しょうこ(り) (性懲りもなく:こりずに)
2 きょそ (立ち居ふるまい)
3 せつれつ (ひどく下手なようす)
4 しんちょく (はかどること)
5 じじょうじばく (自縄自縛:自らの言動のために、身動きできなくなり苦しむこと)
B
1 結(わえる)
2 背信 (裏切ること)
3 一頭地 (一頭地を抜く:他より一段と優れている)
4 金輪際 (絶対に)
5 博覧強記 (広く本を読んでよく覚えていること)

JUGEMテーマ:学問・学校

- | 中学からの作文・論文 ホーム | - | - | permalink
中学からの作文・論文 プロセス
関連学習 コメント メルマガ