中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 文中の漢字68 | 最新へ | 理由を述べて説得2 >>

古文の言葉44

 次の古文を読んで、問いに答えてみましょう。

 小式部内侍(平安中期の女流歌人)、大二条殿(太政大臣藤原教通)おぼしめされけるころ、ひさしく仰せ事(ご来訪)なかりける夕暮れに、あながち恋ひ奉りて、端近くながめ居たるに、御車の音などもなくて、ふと入らせ給ひければ、待ち得て(待った末、会うことができて)夜もすがら語らひ申しける。 (後略)
(藤原信実 「今物語」 久留米大附設高入試文より 表記一部変更)

 「今物語」は鎌倉時代の説話集です。
 女流歌人が待ち焦がれていた太政大臣がやってきます。

次の言葉の意味は、語群のどれでしょうか。
1 おぼしめされける
2 あながち
3 ながめ居たる
4 夜もすがら

〔語群〕
ア 一晩中
イ 一途に
ウ ご寵愛を受けている
エ もの思いにふけって坐っている

答 え












答 え

1 ウ おぼしめされける (ご寵愛を受けている)
2 イ あながち (一途に)
3 エ ながめ居たる (もの思いにふけって坐っている)
4 ア 夜もすがら (一晩中)


- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする









中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ