中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ことわざを使った文章89 | 最新へ | 古文の言葉45 >>

文中の漢字69

 漢字の読み書きをしてみましょう。

 次の文章中の下線部(1)から(4)について、漢字はその読みをひらがなで書き、カタカナは漢字で書いてください。

 私は外国で、ある歴史上の人物が日本人の一つの(1)テンケイをなすのだということを、いくつかの(2)レイを出しながら語った。
 (3)聴衆はほとんどがその国の学者で、日本の研究を専門とする人も多かった。そこで高度で(4)い質問が次々と出された。その中で、わびとさびと渋みとはどう違うのかという質問もあって、渋みという専門用語をもう一つ加えて、日本文化を理解する方向が示されることとなった。会場には日本文化論が行き来し、新たな日本文化の姿が見られた。
(中西 進の文章による 愛知県高)

答 え












答 え
(1) 典型
(2) 例
(3) ちょうしゅう
(4) こころよ(い)


- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする









中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ