中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 文中の漢字76 | 最新へ | 表現の見直し >>

古文の言葉52

 次の古文を読んで、問いに答えてみましょう。

 ある人、清水(きよみづ)へ参りけるに、老いたる尼の行きつれたりけるが(道連れになった人が)、道すがら(道中)「くさめ くさめ」と言ひもて行きければ、「尼御前(尼どの)、何事をかくはのたまふぞ」と問ひけれども、答へもせず、なほ言ひやまざりけるを、度々問はれて、うち腹たちて、「やや、鼻ひたる時(くしゃみをした時)、かくまじなはねば(まじないをしないと)死ぬるなりと、申せば、養ひ君の、比叡の山に児(ちご)にて、おはしますが(私がお育てした若君で比叡山の児でいらっしゃる方が)、ただ今もや鼻ひ給はんと思へば、かく申すぞかし」と言ひけり。
 ありがたき志なりけんかし(志であることよ)
(「徒然草」 高田高 入試文より 表記一部変更)

 「児(ちご)」は、学問や礼儀作法を修得するために寺に預けられた少年のことです。

 次の言葉の意味は、語群のどれでしょうか。
1 尼の
2 かくのたまふぞ
3 やや
4 ありがたき

〔語群〕
ア (いらだって)ええい
イ 尊く優れた
ウ 尼で
エ そのようにおっしゃるのか

答 え











答 え

1 ウ 尼で
2 エ そのようにおっしゃるのか
3 ア (いらだって)ええい
4 イ 尊く優れた (有り難し: 有ることが難しい → めったにない → 尊く優れた)


- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする









中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ