中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< テンを打ち誤解を避ける | 最新へ | ことわざを使った文章104 >>

熟語を使った文章105

 次の文章には、同じ字をくり返す四字熟語が使われています。下線部に当てはまる言葉は語群のどれでしょうか。

1.  日本語論に限らず、政治、経済、世相、歴史――何を描いても______、読者サービスに努める井上ひさしさんの文学は面白く、楽しい。

2.  (アイススケートの)コーチが「五輪金メダリストの衣装は青系が2大会連続で優勝している。絶対に青!」と最初から宣言していた。______だったが、長野五輪のタラ・リピンスキー、ソルトレーク五輪のサラ・ヒューズ、そしてトリノ五輪の私。皆が青系の衣装だったことを考えると、何かがあるのかとも思ってしまう。

3.  (普天間飛行場の移設先について首相は)「いずれお願いする段階に来た時には、______尽くしてまいりたい」と自らが説得に乗り出す考えを強調した。

4.  どんな時代でも、その時代におけるナンバーワンは偉大なのです。誰もが______をかけて頂点を目指しているのですから、その中で第一人者になったという事実に、後世の人は敬意を払わなければならないと考えます。
 
〔語群〕
 半信半疑
 全身全霊
 徹頭徹尾
 誠心誠意

答 え










答 え
1. 徹頭徹尾 (最初から最後まですべて)
2. 半信半疑 (半分信じ、半分疑うこと)
3. 誠心誠意 (まごころをもって行うこと)
4. 全身全霊 (心と体のすべて)


参考文献
〔1〕読売新聞 2010年4月13日朝刊 「編集手帳」
〔2〕同紙 2009年3月27日夕刊 「荒川静香 プロの本音」
〔3〕同紙 2010年4月20日朝刊 「状況は深刻」
〔4〕同紙 2010年4月13日夕刊 「岡目八目」
(表記の一部を変更しています)


- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする






中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ