中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 文中の漢字86 | 最新へ | ありがとうを作文5 >>

古文の言葉62

 次の古文を読んで、問いに答えてみましょう。

 なごりおほくおぼえながら、この宿をもうち出でて行き過ぐるほどに、舞沢の原といふ所に来にけり。北南はべうべうと遥かにして(広く)、西は海の渚近し。錦華繍草(きんくわしうさう: 美しい草花)のたぐひはいとも見えず、白きいさごのみありて雪の積もるに似たり。その間に松たえだえ(お)ひわたりて、汐(しほ)風 梢に音づる。またあやしの草の庵のところどころに見ゆる。漁人釣客などの住みかにやあるらむ。 (後略)
(「東関紀行」 大阪教育大附属高平野 入試文より)

 東関紀行は鎌倉時代の紀行文です。

 次の言葉の意味は語群のどれでしょうか。
1 いとも
2 いさご
3 たえだえ
4 あやしの

語群
ア 砂
イ 粗末な
ウ たいして
エ とぎれとぎれに

答 え











答 え
1 ウ たいして
2 ア 砂
3 エ とぎれとぎれに (絶え絶え)
4 イ 粗末な


- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする









中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ