中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ありがとうを作文10 | 最新へ | 古文の言葉69 >>

熟語を使った文章115

 数字を含む四字熟語です。下線部に当てはまるものは語群のどれでしょうか。

1.  私はこれまで何事にも______で、特に趣味はなかった。 (略) 「脳の活性化に川柳をきょうから始めませんか」の文句に誘われ、教室の門をたたいた。

2.  三遊亭楽太郎さんが六代目三遊亭円楽を襲名した。 (略) 桂歌丸会長は「落語会と寄席は違う。(襲名披露興行の)最初の5日間は、______して苦しむはず。我々もライバル意識を持って出演する」と門出を祝った。

3.  富士登山なんてとんでもない、無理だと思っていたが、「何でも前向きに」と______し、成し遂げることができた。

4.  娘夫婦に長男が生まれました。 (略) 産後しばらく、娘たちはわが家に滞在し、私は初めての育児に______する娘を心配しながら、洗濯や食事作りに励みました。
 
〔語群〕
 一念発起
 三日坊主
 四苦八苦
 七転八倒

答 え










答 え
1. 三日坊主 (飽きやすく長続きしない人)
2. 七転八倒 (もがき苦しむこと)
3. 一念発起  (あることを成し遂げようと決心すること)
4. 四苦八苦 (非常に苦労すること)


参考文献
〔1〕読売新聞 2010年7月31日朝刊 気流「不惑に 富士登山」
〔2〕同紙 2009年9月7日朝刊 気流「辞書片手に川柳 脳いきいき」
〔3〕同紙 2010年3月3日朝刊 「六代目円楽 襲名」
〔4〕同紙 2008年8月7日朝刊 「孫得て気づく 実家の母の恩」
(表記の一部を変更しています)


- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする






中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ