中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 古文の言葉69 | 最新へ | 文中の漢字94 >>

ことわざを使った文章114

 下線部のことわざ・慣用句は何でしょうか。

1.  愛用していたワープロが故障した。 (略) 手書きになってから、たびたび辞書を使っている。難しい漢字も辞書で調べることで、確実に頭の中にインプットされる。「______ 」とでもいうのか、手書きもまた楽しい。 

2.  「太陽光発電は______ほど高い買い物ではありません」。 (略) このため、新築住宅に発電設備を備えても、10年程度で設置コストを回収できるという。

3.  (箱根園水族館の)温泉芸にはもってこいのシーズンが、間近に迫っていた。人に対する警戒心が最も薄く、好奇心も旺盛な(アザラシの)ビリーに______。

4.  庶民には______だった高級マグロを回転ずしなどで安くたべられるようになったのは、地中海で「畜養」が発達したおかげだ。

〔語群〕
 高根の花
 怪我の功名
 二の足を踏む
 白羽の矢が立った

答 え










答 え
1. 怪我の功名 (失敗したと思ったことが、よい結果になること)
2. 二の足を踏む (実行をためらう)
3. 白羽の矢が立った (白羽の矢が立つ: 大勢の中から特に選ばれる)
4. 高根の花 (見ているだけで手が届かないもの)


参考文献
〔1〕読売新聞 2010年8月11日朝刊 気流「愛用ワープロ故障 手書きの楽しさも」
〔2〕同紙 5月24日夕刊 「コスト回収『10年で可能』」
〔3〕同紙 5月17日朝刊 「『いい湯だな』で観客増」
〔4〕同紙 3月11日朝刊 「蓄養の影響で急減」
(表記の一部を変更しています)


- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする






中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ