中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 熟語を使った文章116 | 最新へ | ことわざを使った文章115 >>

古文の言葉70

 次の古文を読んで、問いに答えてみましょう。

 春はあけぼの。やうやう白くなりゆく山ぎは、すこしあかりて、紫だちたる雲のほそくたなびきたる。
 夏は【    】。月のころはさらなり、やみもなほ、蛍の多く飛びちがいひたる。また、ただ一つ二つなど、ほのかにうち光りて行くもをかし。雨など降るもをかし。 (後略)
(「沖縄県高 入試文より)

A 作者と作品名を答えてください。

B 「やうやう」を現代仮名遣いで、ひらがなで書いてください。また意味を書いてください。

C 【    】に入る語はどれですか。
1 あさ
2 ひる
3 ゆふ
4 よる

答 え











答 え
A 清少納言 「枕草子」

B ようよう (漢字: 漸う)
  意味: だんだん。しだいに。

C 4 よる


- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする









中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ