中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ことわざを使った文章124 | 最新へ | 熟語を使った文章126 >>

古文の言葉79

 次の古文を読んで、問いに答えてみましょう。

 昔、相如(しやうじょ)といふ人ありけり。 (中略) 蜀(しょく)といふ国へ行きける道に昇遷橋といふ橋ありけり。それを歩み渡るとて、橋柱に物を書きつけけり。「我、大車肥馬(大きな車や立派な馬)に乗らずんば、復(ま)た此(こ)の橋を帰り渡らじ」と誓ひて、蜀の国にこもりけり。その後思ひのごとくめでたくなりてなん、橋を帰り渡りたりける。女(相如の妻)、としごろ貧しくてあひ具したる甲斐ありて、親しき疎(うと)(親しい、または親しくない)世の中の人々もたぐひなくうらやみける。 (後略)
(「唐物語」 東大寺学園高入試問題文より 表記一部変更)

 唐物語は、中国の故事をもとにした説話集です。

A 次の言葉の意味を語群から選んでください。
1 めでたく
2 としごろ
3 あひ具したる
4 たぐひなく

語群
ア 長年
イ 比べるものがないほど
ウ 立派に
エ 連れ添った

B 「我、大車肥馬に乗らずんば、復(ま)た此(こ)の橋を帰り渡らじ」という相如の決意を表すことわざはどれですか。
ア 危ない橋も一度は渡れ
イ 鉄は熱いうちに打て
ウ 故郷へ錦を飾る
エ 転んでもただでは起きぬ

答 え











答 え

1 ウ 立派に
2 ア 長年
3 エ 連れ添った
4 イ 比べるものがないほど

B ウ (故郷へ錦を飾る: 立身出世して故郷へ帰る)


- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする









中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ