中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 古文の言葉89 | 最新へ | 文中の漢字116 >>

熟語を使った文章136

 次の文章には、同じ漢字を繰り返す四字熟語が使われています。下線部に当てはまる熟語は語群のどれですか。

1.  謎のオオカミ男たちがバンドを組み、アルバムを発売する というウワサが編集部に届きました。______でライブをのぞくと本当に、オオカミが歌い、演奏し、客を乗せまくっていました。

 
2.  1号機の水素爆発は、______の原発事,故対応を決定づける分岐点となった。

3.  消費税論議が政治的に「封印」された結果、抜本改革の全体像が見えない中で(政府が)______している印象だけが残った。

4.  震災前は、お風呂の水を入れ忘れたとか、料理の味付けが濃いとか、日常のささいな事で家族が互いに______を言い合っていました。
 
〔語群〕
 後手後手
 右往左往
 不平不満
 半信半疑

答 え









答 え
1. 半信半疑 (うそか本当か決めかねるようす)
2. 後手後手 (問題が起きてから対処すること。後手に回る)
3. 右往左往 (あわてて、あちこち動きまわること)
4. 不平不満 (満足できず穏やかでないこと)


参考文献
〔1〕読売新聞 2011年6月8日朝刊 「オオカミ男バンド」
〔2〕同紙 2011年6月9日朝刊 「『水素爆発ない』過信」
〔3〕同紙 2010年12月17日朝刊 社説「税制改正大綱」
〔4〕同紙 2011年6月1日朝刊 気流「『お互いさま』の心 震災機に思い出す」
(表記の一部を変更しています)


- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする






中学からの作文・論文 プロセス
関連学習 コメント メルマガ