中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ことわざを使った文章138 | 最新へ | 熟語を使った文章140 >>

古文の言葉93

 次の古文を読んで、問いに答えてみましょう。

 今様のことどものめづらしきを(最近の珍しい出来事を)、言ひひろめ、もてなすこそ、またうけられね(賛成できない)。世にことふりたるまで(世の中で古びてしまうまで)知らぬ人は、心にくし。今さら(初めて)の人などのある時、ここもとに言ひつけたる言(こと)ぐさ(自分たちの仲間だけで使い慣れている話題や)、物の名など、心得たるどち(同士)、片はし(一部分を)言ひかはし、目見あはせ、笑ひなどして、心知らぬ人に心得ず(分からないと)思うはすること、世なれず(世間知らずで)、よからぬ人の(教養のない人が)、必ずあることなり。
 何事も入りたたぬさましたる(深く知らないふりをしている)ぞよき。よき人は、知りたることとて、さのみ知り顔にやは言ふ(そうむやみに知ったかぶって話すだろうか)。よくわきまへたる道には、必ず、口重く、問はぬ限りは言はぬこそいみじけれ
(「徒然草」 大分県高 入試文より)

 最初の段落には、次のようなことが書かれています。
 最近の出来事をもてはやすのは賛成できない。仲間うちだけで知っている話題や物の名前などを言いあい、知らない人に事情が分からないと思わせることは、世間知らずで教養のない人がすることだ。

A 次の言葉の意味を語群から選んでください。
1 もてなす
2 心にくし
3 心知らぬ
4 いみじけれ

語群
ア 事情を知らない
イ もてはやす
ウ 立派だ
エ 心がひかれる

B 作者はだれですか。

C 第2段落の内容を表すことわざはどれですか。
ア 雉も鳴かずば撃たれまい
イ 郷に入っては郷に従え
ウ 船頭多くして、船、山に登る
エ 能ある鷹は爪を隠す

答 え











答 え

1 イ もてはやす
2 エ 心がひかれる
3 ア 事情を知らない
4 ウ 立派だ

B 兼好法師(吉田兼好)

C エ 能ある鷹は爪を隠す (実力や才能のある人は、ふだんはそれを外に表さない)


- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする









中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ