中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 文中の漢字122 | 最新へ | 古文の言葉96 >>

ことわざを使った作文4

 ことわざをテーマに作文してみましょう。

問題
 次にあげたことわざの中から、どれか一つを選び、それをそのまま文題にし、後の条件に従って作文してください。
  百聞は一見にしかず
  転ばぬ先の杖(つえ)
  苦あれば楽あり
  笑う門(かど)には福来たる
(条件)
1. 選んだことわざをテーマとして、あなたの感じていることや考えていることを、自分の体験(見聞でもよい)を交えて書くこと。
2. 段落は、内容に応じて設けること。
3. 文章の長さは、300字以上、400字以内とする。 (愛媛県高)


 はじめに、ことわざの意味を確認しましょう。少なくとも一つ意味が分かれば、作文することができます。
 百聞は一見にしかず (何度も話を聞くより、実際に見るほうがよく分かる)
 転ばぬ先の杖 (失敗しないように用心して準備しておくこと)
 苦あれば楽あり (苦しいこともあれば、楽しいこともある。苦しいことは将来の楽につながる)
 笑う門には福来たる (明るく笑っていると自然と幸福が訪れる)

 ここでは「転ばぬ先の杖」をテーマとし、構成を考えてみましょう。,海箸錣兇能颪出し、⊆分の事例から社会の事例へと展開し、ざ儀韻魴誅世箸靴泙后
―颪出し
 ことわざの提示と意味の説明
⊆分の体験
 杖の効果の例
社会における事例
 杖を使わない失敗例
し誅
 予防は後手対処に優る。

 構成の作文例を示します。

作文例
´↓きキΝЛ┃悪鵜沖貝




















 「転ばぬ先の杖」という。失敗しないよう
に用心して準備しておこう、という意味だ。

 佐渡の上半分を大佐渡と呼ぶ。冠雪した大
佐渡の尾根を、2月にスキーで縦走する計画
を立てた。だが、直前に取り止めた。天気図
から、二つ玉低気圧が近づいていることが分
かったからだ。山の天気の本には、非常に危
ないとある。二つの台風が近づくようなもの
だからだ。中止してよかった。各地の山で遭
難が相次いだ。

 福島第一原子力発電所の放射能もれで、多
くの人が損害を被り、動植物や土壌が放射能
で汚染された。専門家によると、半減期が長
いセシウムの除染方法は確立されていないと
いう。15メートルの大津波の予想や、全電源
停止への対策が指摘されていたが、生かされ
ずに最悪の事態となった。
 転ぶ前に杖を出せば、生命を守ることがで
き、対策の費用や期間も少なくてすむのでは
ないか。予防は後手対処に優る、と考える。


- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする









中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ