中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ことわざを使った文章143 | 最新へ | 熟語を使った文章145 >>

古文の言葉98

 次の古文を読んで、問いに答えてみましょう。

 王戎(おうじゅう)、七歳のとき、嘗(かつ)て諸小児しょせうじ:子供たち)と遊び、道辺みちべ:道ばた)の李樹りじゅ:すももの木)に、子:実)多くして枝を折れる(折れそうになっているの)を看(み)る。諸児(子供たち)競い走りて之(これ)を取るも、唯(ただ)戎のみ動かず。人之を問へば、答へて(いは)、樹、道辺に在りて子多し、此(こ)れ必ず苦李(くり)ならん、と。之を取れば (まこと) (しか)
(「世説新語」 山口県高 入試文より)

 次のようなことが書かれています。
 すももの実を子供たちは争そって取った。しかし王戎は、苦いと考えて取らなかった。

 下線の意味は語群のどれですか。
1 曰く
2 苦李(くり)ならん
3 信(まこと)
4 然(しか)

語群
ア ほんとうに
イ 言うことには
ウ そのとおりだった
エ 苦いすももだろう

答 え











答 え
1 イ 言うことには
2 エ 苦いすももだろう
3 ア ほんとうに
4 ウ そのとおりだった


- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする









中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ