中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 文中の漢字127 | 最新へ | 誤解を防ぐ表現3 >>

ネズミは仲間見捨てない

 新聞によると、仲間を助けるネズミの行動が確認されました。

 自分は得するわけでもないのに、困っている仲間を助ける。他人の感情を共有するそんな「共感」の能力をラットも備えていることが、米シカゴ大学チームの実験でわかった。
 人以外では、これまでサルでしか確認されていなかったという。9日付の米科学誌サイエンスで発表した。
 実験では、まず、わなの扉を外から頭で押して開けられるようにラットを訓練。そして1匹のラットをわなに閉じこめると、訓練を受けたラットは扉を開けて仲間を救出した。
 わなの外にチョコレートがあるときも、自分が独り占めできなくなるのを承知でラットは扉を開けてやった。出てきたラットと接触できないようにしても行動は変わらず、仲間と一緒にいたいという自分の一方的な望みが動機でもないらしい。雌の方が仲間を助ける傾向が強かった。

(読売新聞 2011年12月9日夕刊 「ネズミは仲間見捨てない」)


 この記事の構造を分析してみましょう。実験によって新知識が得られたことが書かれています。

 新知識は何でしょうか。困っている仲間を助けるネズミの能力は、人以外ではサルでしか確認されていなかったことですね。

 実験にもとづく新知識なので、結論、方法、結果、解釈が書かれているか、確かめてみましょう。

 自分は得するわけでもないのに、困っている仲間を助ける。他人の感情を共有するそんな「共感」の能力をラットも備えていることが、米シカゴ大学チームの実験でわかった(結論)。
 人以外では、これまでサルでしか確認されていなかったという。9日付の米科学誌サイエンスで発表した(新知識)
 実験では、まず、わなの扉を外から頭で押して開けられるようにラットを訓練。そして1匹のラットをわなに閉じこめると
(方法)、訓練を受けたラットは扉を開けて仲間を救出した(結果)
 わなの外にチョコレートがあるときも
(方法)、自分が独り占めできなくなるのを承知でラットは扉を開けてやった(結果)。出てきたラットと接触できないようにしても(方法)行動は変わらず(結果)、仲間と一緒にいたいという自分の一方的な望みが動機でもないらしい(解釈)。雌の方が仲間を助ける傾向が強かった(結果)


 結論、方法、結果、解釈は、科学的な論文を読んだり書いたりするときの観点になります。また、新規性のほかに有用性も着眼点です。

参考文献
日本における論文の構成

新規性・有用性のある文章
新規性・有用性おある文章2


- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする









中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ