中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ことわざを使った文章154 | 最新へ | 難しい道を選ぶ >>

楽な道を選ぶ

 作文の題材になりそうです。楽な道、難しい道、厳しい道について書かれた文章を、3回にわたり紹介します。

 日米中韓の4か国の高校生のうち、海外留学への関心は日本の高校生が一番低いことが財団法人日本青少年研究所の調査で分かった。「自分の国が暮らしやすい」(53.2%)などの理由が多く、企業の海外進出、グローバル化が進む中、日本の次世代はやっぱり、チャレンジ精神が乏しい?

 調査では、海外留学について「興味がある」「やや興味がある」と答えた学生は韓国(70.7%)、中国(69.5%)、米国(64.6%)の順で、日本は57.2%で最も低かった。「全く興味がない」は15.9%と最多で、韓国や中国の倍以上だった。

 日本の高校生が留学したくない理由(複数回答)は、「言葉の壁があるから」(48.1%)「外国で1人で生活する自信がないから」(42.7%)なども。「面倒だから」は38.5%で、4か国で一番多かった。

 留学先で何を勉強したいかについても、米中韓と違いがあった。「語学」を勉強したいという生徒が5割以上の日本に対し、米中韓は3割未満で、3か国では「芸術系」「工学/理学系」の人気が高かった。同研究所では、同じ調査で「現状を変えるより受け入れる方が楽」と答える日本の高校生が、1980年の24.7%から今回56.7%に増えていると指摘。「留学で大変な思いをするより、日本で住むことに満足してしまっているのではないか」と分析している。

 調査は4か国の高校1〜3年生の男女約8000人を対象に行った。
(読売新聞 2012年4月6日夕刊 「日本の高校生 やはり内向き 日米中韓調査 留学への関心最低)


 留学先で語学を勉強したい生徒は、米中韓は3割未満で、日本では5割以上になっています。なぜでしょう。米中韓の生徒の多くは「留学=語学学習」というよりも、自分の目的を達成するための手段として語学をとらえているのではないでしょうか。たとえば、スポーツ選手として他国で活躍したいならば、その国の言葉を必死で学ぶように。

 「内向き」について、会社の先輩から聞いたことです。「新しいことに挑戦しないで守りに入る内向きの人間が増えると、会社が衰退する」。会社を、個人・社会・国に置き換えても言えそうですね。

 外国を旅行するなら、ツアーではなく、『地球の歩き方』という本を参考にして自前の旅をしてみましょう。たとえば、自由経済になった直後のモンゴルに釣りに行き、地理交通通貨言語慣習リスクなど、多くのことを学ぶことができました。


- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする









中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ