中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ことわざを使った文章159 | 最新へ | 文中の漢字142 >>

主語の後にテンを打つ?

 2冊の本に、主語の後に読点を打つと書かれています。

A 主語の後に打つ。
 ぼくは、小学校五年生になりました。 ・・・

B 主語を示す「は」「も」などのあとに用いる。
  私は、何も言うことがない。 ・・・
  あなたも私も、同じ電車に乗って帰る。 ・・・

 「主語の後にテンを打つ」という規則が妥当か調べてみましょう。

検証
 主語の位置を変え、主語の後にテンを打ちます。次のように、読みが途切れて不自然ですね。
' 小学校五年生にぼくは、なりました。
' 何も言うことが私は、ない。
' 同じ電車に乗ってあなたも私も、帰る。

 検証結果から、「主語の後にテンを打つ」規則は適切とは言えないことが分かります。

 「短い言葉が先になる場合、短い言葉の後にテンを打つ」はどうでしょう。次の例から、テンの短長規則は妥当であるといえましょう。

 ぼくは、小学校五年生になりました。 (短い → 長い)
 小学校五年生にぼくはなりました。 (長い → 短い)

 私は、何も言うことがない。 (短い → 長い)
 何もいうことが私はない。 (長い → 短い)

 あなたも私も、同じ電車に乗って帰る。 (短い → 長い)
 同じ電車に乗ってあなたも私も帰る。 (長い → 短い)


参考文献
〔A〕金田一春彦監修: 小学生の新レインボー作文教室 「句読点」、学研
〔B〕稲賀敬三ほか監修: 新訂総合国語便覧 「句読点の付け方」、第一学習社


- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする









中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ