中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 熟語を使った文章164 | 最新へ | ことわざを使った文章162 >>

古文の言葉117

 次の古文を読んで、あとの問いに答えてください。

 東山黒谷(京都市左京区)の辺(あたり)に畠(はたけ)うつに、となりの百姓とほりあわせ、「これは何をまくぞ」といふに、彼うち手まねきして、「ああ声が高ひぞ。低う低う」といふ。
 さては、よにまれなる唐物(中国から伝わった作物)の種を植うるにやと思ひ、心得たりと、さし足してちかく寄りたれば、いかにもおのれがこえの調子を低くいふには、「大豆まく。烏(からす)や鳩(はと)がきく程に 」。
( 「軽口露がはなし」 島根県高 入試文より)

 「軽口(かるくち)露がはなし」は、江戸時代に書かれた笑い話です。

A 下線の意味は語群のどれですか。
1 うつ
2 うち
3 にや
4 程に

語群
ア ので
イ ちょっと
ウ 耕す
エ のであろうか

B 「おのれがこえの調子を低くいふ」理由を答えてください。

答 え











答 え

1 ウ 耕す
2 イ ちょっと
3 エ のであろうか
4 ア ので

B 大豆をまくことを烏や鳩に聞かれると、食べられてしまう恐れがあるので。


- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする









中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ