中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 受賞した3作文の文末 | 最新へ | 古文の言葉126 >>

ことわざを使った文章171

 下線部に当てはまることわざ・慣用句は語群のどれですか。

1.  (IC乗車券の落し物に気づき私鉄に連絡した。しかし、)「持ち主の連絡先は個,,情報なので、こちらからは連絡できません」と言われた。 (略) 個,,情報保,護法に寄りかかっているから、細やかな気遣いまでがおろそかになるのだと感じた。______では、ただの殺伐とした匿名化社会になるだけだろう。

2.  第3極の政党は、これまでの政治を批判するだけでなく、具体的な政策を掲げて戦うべきだ。有権者は前回の衆院選の______まいと考えているはずだ。

3.  日本郵政は同様の失敗を繰り返したことを猛省し、組織の______もらいたい。

4.  野党第1党は巨大与党をチェックし、建設的な論戦の______責務がある。

〔語群〕
 轍を踏む
 一翼を担う
 仏作って魂入れず
 タガを締め直して

答 え










答 え
1. 仏作って魂入れず (やっとできたが肝心なことが抜けている)
2. 轍を踏む (同じ失敗をする)
3. タガを締め直して (タガを締め直す: 規律や気持ちを引き締め直す)
4. 一翼を担う (一部の役割を引き受ける)

参考文献
〔1〕読売新聞 2012年12月30日朝刊 「日曜の朝に」
〔2〕同紙 11月17日朝刊 気流 「決められない政治に決別を」
〔3〕同紙 11月24日朝刊 社説 「郵政新規事業」
〔4〕同紙 12月20日朝刊 社説 「惨敗民主党」
(表記の一部を変更しています)


- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする






中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ