中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ことわざを使った文章171 | 最新へ | 熟語を使った文章173 >>

古文の言葉126

 次の古文を読んで、あとの問いに答えてください。

 (山寺の僧が)四人座を並べて、七日の無言(でいる修行)を始む。承仕じょうじ:雑用をする僧)一人を道場に出入りしける(出入りさせた)
 ここに、更たけ夜ふけて、灯の消えんとしけるを、下座の僧、承仕、火かきあげよ(大きくせよ)と言ふを聞きて、次の座の僧、無言の道場にして、もの申す様候(さうら)はず(よくない)と言ふ。第三座の僧、二人ともにもの言ふこと不思議におぼえて、狂はしたうな(心を乱しなさるな)と言ふ。上座の老僧、面々に様はかはれども、もの言ふこと、あさましく もどかしくおぼえて、法師ばかりぞ(私だけは)ものは申さぬと言ひて、うちうなづきける。賢げにて殊(こと)をこがましくぞおぼゆる。
(兼好法師 「沙石集」 兵庫県 高校入試文より)

 沙石(しゃせき)集は、鎌倉時代に無住(むじゅう)によって編集された仏教説話集です。

A 下線部の意味は語群のどれですか。
1 ここに
2 おぼえて
3 あさましく
4 もどかしく
5 をこがましく

語群
ア 愚かしく
イ 情けなく
ウ さてそこで
エ いらだたしく
オ 思われて

B 次の中で、正しいのはどれですか。
ア 話したのは、雑用をする僧だけである。
イ 話したのは、下座と次の座の僧である。
ウ 話したのは、下座と次の座と第三座の僧である。
エ 話したのは、下座から上座まで4人の僧である。

答 え











答 え

1 ウ さてそこで
2 オ 思われて  (覚(おぼ)えて ← 覚ゆ)
3 イ 情けなく
4 エ いらだたしく
5 ア 愚かしく

B エ


- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする









中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ