中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 熟語を使った文章175 | 最新へ | ことわざを使った文章175 >>

古文の言葉129

 次の古文を読んで、あとの問いに答えてください。

 ある者座敷を立てて(作って)、ふすまの絵を描かする(描かせた)。しらさぎの絵を望む。絵描き、「心得たり」とて、焼筆をあつる(筆で下書きを描いた)。亭主のいはく、「いづれも良ささうななれども、このしらさぎの飛びあがりたる、羽づかひかやうでは飛ばれまい」といふ。絵描きのいはく、「いやいやこの飛びやうが第一の出来物(最もすぐれた点)ぢや」といふうちに、のしらさぎが四、五羽うちつれて飛ぶ。亭主これを見て、「あれ見たまへ。あのやうに描きたいものぢや」といへば、絵描きこれを見て、「いやいやあの羽づかひでは、それがしが描いたやうにはえ飛ぶまい」といひけり。
(浅井了意 「浮世物語」 福井県 高校入試文より)

 「浮世物語」は、江戸時代に僧・浅井了意によって書かれました。

A 下線部の意味は語群のどれですか。
1 かやうでは
2 本の
3 つれて
4 え飛ぶまい

語群
ア ほんとうの
イ このようでは
ウ 飛べないだろう
エ つらなって

B この話の内容を表すことわざはどれですか。
ア 鷺を烏
イ 立つ鳥跡を濁さず
ウ 能ある鷹は爪を隠す
エ 雉(きじ)も鳴かずば撃たれまい
オ 鴨が葱(ねぎ)を背負(しょ)ってくる

答 え











答 え

1 イ このようでは
2 ア ほんとうの
3 エ つらなって
4 ウ 飛べないだろう

B ア
ア 鷺を烏 (不合理なことを強引に言うたとえ)
イ 立つ鳥跡を濁さず (去る者は、あとが見苦しくないようにしよう)
ウ 能ある鷹は爪を隠す (実力のある人ほど、それを誇示しない)
エ 雉も鳴かずば撃たれまい (余計なことを言って災いを招く)
オ 鴨が葱を背負ってくる (都合のよいことが重なる)


- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする









中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ