中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 文中の漢字158 | 最新へ | 熟語を使った文章177 >>

世代間交流の作文

 高齢者との交流活動を企画する作文を書いてみましょう。

問題
 あなたのクラスでは、総合的な学習の時間に、地域の高齢者の方20名を学校に招き、交流活動を行うことになりました。交流活動の内容はクラスで企画することになっています。どのような交流活動を行えばよいか、次の条件に従って書いてください。
(条件)
1. 2段構成とし、各段落の内容は、次の2、3のとおりとする。
2. 第1段落は、具体的な活動とその活動を選んだ理由を書く。
   その際、資料の調査項目の2つ以上と関連づけて書くこと。
3. 第2段落は、第1段落で取り上げた活動をより充実させるために、どのような工夫をすればよいかを書く。

4. 原稿用紙(20字詰×11行)の使い方に従い、180字以上220字以内で書く。

資料 「参加したい若い世代との交流の内容」(複数回答)
 若い世代と一緒に楽しめる活動 ■■■■■■■ 70.0%
 自分の特技を若い世代に伝える ■■ 24.3%
 地域の伝統文化を若い世代に伝える ■■ 23.5%
 若い世代から文化・技術などを教わる ■■ 22.3%
 内閣府 平成15年調べ
  「高齢者の地域社会への参加に関する意識調査結果」より
(富山県高)

 目的を展開し、手段を考える要求(ニーズ)分析をしてみましょう。

グラフからいえること(ニーズ)は何か
 高齢者は、若い人と一緒に楽しんで何かをしたい。
 高齢者は、技術や文化を若い人とギブアンドテイクしたい。

高齢者の目的は何か
 交流活動の目的を上方に溯(さかのぼ)ります。目的と手段は二面性があり、下方から見ると目的でも、上方から見ると手段です。

  後世の社会や子孫の繁栄 (目的)
      ↑ それは何のため?
「種・環境・資源を未来に継承せよ」という環境倫理に似た、
未来の世代に対する義務意識の実現 (手段/目的)
      ↑ それは何のため?
  文化や技術のバトンタッチ (手段/目的)
      ↑ それは何のため?
  総合的な学習の時間に高齢者と交流(手段)

どのような手段があるか
 「文化や技術のバトンタッチ」に着目します。これを実現するには?
 どうするの?
  ‖慮海鮓述筆記し、編集し、本にする。
   目的を伝え、高齢者の了解を得る。
   「これだけはぜひ伝えたい」体験を口述筆記する。
   (楽しかった、悲しかった、珍しい、危なかった、得をした)
   継続する交流活動になり、作文も上達し、成果物の本が
   両者の目標になる。励みにもなる。
   小型の録音装置、絵や字を書く筆記具、カメラを用意する。
 それだけか?
  高齢者が講師となり、ノウハウを伝える体験学習をする。
 それだけか?
  9睥霄圓好きな名曲を調べ、発表の場を設けて、一緒に
    合唱する。

 ^討虜酳故磴鮗┐靴泙后

作文例
´↓きキΝЛ┃悪鵜沖貝











 高齢者の体験談を本にする活動を行う。な
ぜなら資料から、高齢者は若い人と一緒に活
動したく、また、技術や文化をバトンタッチ
したいと考えているからである。
 「これは伝えたい」体験を高齢者に話して
いただく。楽しかったこと、珍しいこと、危
なかったことなどを口述筆記し、編集して製
本する。継続する交流活動になり、作文も上
達する。成果物は両者の目標になり、励みに
なる。話を聴いてもらえ、自分の体験が残り、
役に立つことはうれしいことだ、と考える。


- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする









中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ