中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 文中の漢字161 | 最新へ | 熟語を使った文章180 >>

書き言葉と話し言葉

 書くときの言葉と話すときの言葉について、作文してみましょう。

問題
 次のAからBの意見は、「日常生活の中で、言葉の使い方はどうあるべきか」という質問に対する意見です。これらの意見ををもとに、「日常生活の中での言葉の使い方」というテーマで意見文を書くことになりました。
 四つの意見の中から、あなたの考えに近いものを一つ選び、そう考える理由を含めて、あとの条件に従って、あなたの意見を書いてください。なお、選んだ意見の記号を書き入れてください。

意見A  書き言葉も話し言葉も、正しく整えて使うべきだ。
意見B  書き言葉も話し言葉も、細かいことは気にしなくてよい。
意見C  話し言葉では細かいことは気にしなくてもよいが、書き言葉は正しく整えて使うべきだ。
意見D  書き言葉では細かいことは気にしなくてもよいが、話し言葉は正しく整えて使うべきだ。

条件
1 自分の体験(見たこと聞いたことなどを含む)を踏まえて書く。
2 20字詰め原稿用紙に、10行以上12行以内で書く。
3 原稿用紙の正しい使い方に従って、文字、仮名遣いを正確に書く。
4 題名・氏名は書かない。
(埼玉県高)


書き言葉と話し言葉を比較すると?
共通点: 伝える内容は同じ。
相違点: 伝達媒体が文字(文形式)か音声か
      記録として残るか否か
      相手が不特定か特定か
      くだけた表現が不可か可能か

どの意見に賛成か? 意見A

なぜそう考えるか?
 話し言葉も書き言葉も正しく使うことで、誤解を防ぎ、正確に伝えたいので。

 作文例を示します。

´↓きキΝЛ┃悪鵜沖貝












 意見Aに賛成である。書き言葉も話し言葉
も正しく使うことによって、相手に正確に伝
えたいからである。
 銭湯に、「ここではきものをぬいでくださ
い」という張り紙が実際にあった。脱ぐのは
着物なのか履物なのか、あいまいである。
 書き言葉では、「ここで、はきものをぬい
でください。」と読点を打って書けば、不特
定の人に履物であることが伝わる。話し言葉
では、読点に代えて間を置き、「ハキモノ」
と発音すれば相手に正しく伝えることができ
る。細かいことにも気をつけて伝達したい。


- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする









中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ