中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 古文の言葉135 | 最新へ | 文中の漢字163 >>

ことわざを使った文章181

 下線部に当てはまるとわざ・慣用句は語群のどれですか。

1.  講師の指導を受けながら、60、70歳の女性ばかり10人で、______とパンを作った。

2.  あなたも保育の専門家として、ご自分で解決したいのにできないという______がおありかもしれません。

3.  歌舞伎の主役が酩酊の末、殴られ逃げ回るでは様にならない。 (略) 伝統芸能の大きな名跡に泥を塗った不始末だ。______と知るべし。

4.  政府は財政再建に向けた中期目標を策定する方針である。だが、歳入面からそれを裏付ける税制の議論が手つかずのままでは、新たな目標は、______になってしまう。

語群
忸怩(じくじ)たる思い
身から出た錆(さび)
絵に描いた餅
和気あいあい

答 え










答 え
1. 和気あいあい (なごやかな気分が満ちている様子)
2. 忸怩たる思い (深く恥じ入る様子)
3. 身から出た錆 (自分の悪事の報いを自分で受けること。自業自得)
4. 絵に描いた餅 (実現の可能性がない計画)

参考文献
〔1〕読売新聞 2012年11月22日朝刊 気流 「パン教室挑戦する姿に刺激」
〔2〕同紙 2013年5月5日朝刊 「人生案内」
〔3〕同紙 2010年12月8日夕刊 「よみうり寸評」
〔4〕同紙 2010年2月16日朝刊 社説 「消費税論議」
(表記の一部を変更しています)


- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする









中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ