中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 熟語を使った文章184 | 最新へ | ことわざを使った文章184 >>

古文の言葉138

 次の古文を読んで、あとの問いに答えてください。

 昔、三人の兄弟有りき。田祖・田達・田音と云(い)ふ。即ちその祖(おや)の家に前栽せんざい:庭の植込み)有り。四季に花を開く荊うばら:バラの一種)三茎(一株から三本生えたもの)有りて、一花は白、一花は赤、一花は紫なり。往代(昔)より相伝へて財(たから)と為(な)して、色に随(したが)ひ香に付きて、千万の喜び剰(あま)り有り。人々願ふといへども未(いま)だ他所に有らず。即ち父母亡(う)せて、後に、この三人極めて貧し。相語らひて云はく、「吾が家を売りて他国に移住せむ」と。時に隣国の人、三荊を買ふ。已(すで)にこれを売りて値(代金)を得つ。その明旦みやうたん:翌朝)に三荊花落ち葉枯れたり。三人これを見て、歎(たん)(悲しく思う)。未だかくのごとき事をば見ず。呪(じゅ)して(祈願して)云はく、「吾が三茎、別れを惜しむがために枯れたり。我等留(とど)まるべし。復(ま)た返りて栄(はなさ)かむや」と。即ち値を返す。明くる日に随ひて元のごとく盛りなり。故に去らず。
(「注好選」 広島県 高校入試文より)

 「注好選」は、作者不詳の説話集で、今昔物語集と共通点が多いといわれています。

 次のことが書かれています。
 三人兄弟の家には三色に咲くバラがあった。父母が亡くなり、極貧となった兄弟はバラを売ったところ、翌朝バラは枯れ、これを見て兄弟は家に留まることにした。

 銑の「即ち」の意味は語群のどれですか。

語群
ア すぐに
イ 当時
ウ それで
エ つまり

答 え











答 え
 .ぁ‥時
◆.Α,修譴
 ア すぐに


- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする









中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ