中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ことわざで作文3 | 最新へ | ことわざで作文5 >>

ことわざで作文4

小論文 目次 >

 ことわざを使って作文してみましょう。

問題
 「案ずるより産むが易し」は、「前もって心配していたよりも、実際にやってみると案外やさしいこと」を言うことわざです。このことわざから、あなたが感じたことや考えたことを、あなたの体験や見聞を含めて、160〜200字で書いてください。
(条件)
 原稿用紙(20字詰×10行)の正しい使い方に従い、文字やかなづかいも正確に書くこと。
 題名、氏名は書かないこと。
(宮城県高)


 問題文を質問の形に直し、その質問に答ましょう。
 やってみると意外とたやすかった体験はあるか?
 どのような体験か?
 (体験がなければ聞いたことはあるか?)
 そのときどのように感じたり考えたりしたか?

 作文例を示します。_歛蠅里海箸錣兇砲弔い胴佑┐燭海函↓考えたことを裏づける体験、から構成されています。

作文例
´↓きキΝЛ┃悪鵜沖貝










 新しいことをするとき、「案ずることによ
り、産むが易し」と捉えたい。難しそうに見
えても、よく考えて行えば、容易になり得る。
 水のない逆層の滝を登っているときのこと
だ。上部で手がかりを失い、進退が極まった。
右上に一抱えの岩があり、念のため引くと、
岩は滝底に滑り落ちた。鉈の背で岩をたたき、
手がかりを作る。指先をかけて横に移動する
と、容易に滝上に出た。リスクや方法を考え
て行動し、難なく窮地を脱することができた。

- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする






中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ