中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 熟語を使った文章190 | 最新へ | ことわざを使った文章190 >>

古文の言葉144

 次の古文を読んで、後の問いに答えてください。

 拳周(たかちか)朝臣あそん:姓名につける敬称)、重病をうけてたのみすくなく見えければ、母赤染右衛門あかぞめゑもん:拳周の母で歌人)、住吉(神社)まうでて七日籠(こも)りて(籠って祈願して)、「このたびたすかりがたくは、すみやかにわが命にめしかふべし(引きかえてください)」と申して七日に満ちける日、御幣(ごへい)のしで(お供え物の紙)に書きつけ侍(はべ)りける、
  かはらんと祈る命は惜しからでさても別れんことぞ悲しき
 かくよみたてまつりけるに、神感じんかん:神の御加護)やありけん、拳周が病よくなりにけり。
(橘 成季 「古今著聞集」 大分県高 入試文より)

 古今著聞集(ここんちょもんじゅう)は鎌倉時代、橘 成季(たちばなの なりすえ)によって編纂された説話集です。

A 下線の意味は語群のどれですか。
1 うけて
2 たのみ
3 まうでて
4 さても

語群
ア お参りして
イ こうむって
ウ それにしても
エ 期待

B かはらんと祈る命 の解釈として適切なものはどれですか。
母親の深い愛情が変わらないことを祈願する拳周の命
息子の身代わりになりたいと祈願する赤染右衛門の命
母親の延命を病弱な母に代わって祈願する拳周の命
息子の病状の変化を期待して祈願する赤染右衛門の命

答 え











答 え

1 イ こうむって (重病になって)
2 エ (回復の)期待
3 ア お参りして
4 ウ それにしても

B イ


- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする









中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ