中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 文中の漢字173 | 最新へ | 熟語を使った文章192 >>

心の豊かさを作文

 問題文を読んで作文してみましょう。

問題
 あなたが「心の豊かさ」を感じたのはどのようなときですか。その理由も含めて、300字以内で書いてください。
(大阪教育大附属高池田 入試問題)


問題の分析
心の豊かさとは何か。
 言葉の意味を、類語、先人の教え、倫理の面から考えてみましょう。
類語
 思いやる、親切にする、優しくする、おかげさまでと思う
 寛大である、平静である、ゆとりがある、安らかである
 向上心、探究心、創造する姿勢
先人の教え 〔1〕
 自分のして欲しくないことは、人にもしない。(孟子)
 自分のしてもらいたいことは、そのように人々にする。(イエス)
 執着心を捨てて慈悲の心をもち、生けるものとともに安らかに
 平和に生きる。(ブッダ)
倫理の言葉 〔2〕
 感謝されるように行動する。
 
困っている人を助ける。
 他人の幸福に配慮する。
 社会に貢献する。
ここでは心の豊かさを、思いやり、感謝、共生で捉えることにします。

どのようなときに、心の豊かさを感じたか。
 他人の行動を見て、他人の心の豊かさを感じた例を示す。

なぜ、そのように感じたか。
 都会ではほとんど見かけない、思いやる場面、感謝する場面に出会ったので。

 作文例を示します。

作文例
´↓きキΝЛ┃悪鵜沖貝














 佐渡を旅行したとき、島民の心の豊かさに
感銘を受けた。
 バス停に向かうと、通学児童が整然と並ん
でいる。そこへ腰の曲がったお年寄りが来た。
児童は順番を譲り、老人から乗車する。途中
のバス停で、もっと腰の曲がった老人が乗り
込む。先ほどの老人が席を譲る。生徒やお年
寄りは皆、下車時に運転手にお礼を言った。
 都市部では、先を争って電車の席を取る光
景が普通に見られる。バスの運転手に感謝の
言葉をかける例は少ない。
 自然豊かな佐渡で、思いやりや感謝の場面
に出会った。皆が共に生きるという気持ちが
継承されている現れだと考える。

参考文献
〔1〕 小寺 聡編 「もういちど読む山川倫理」 (山川出版社)
〔2〕 倫理の言葉 http://blog.z-abc.com/?eid=282749


- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする









中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ