中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 古文の言葉146 | 最新へ | 文中の漢字174 >>

誤解を防ぐ表現8

 次の文を読んで、書き換えてみましょう。場面は、四万十川をカヌーで下るため、川岸で準備しているところです。

 いよいよ出発することにした。この川の上流は激流が続くので、スプレーカバーを着装し、強い波にはぎとられないように、その上からガムテープで補強した。
 四万十川は全長196km。高知県を流れ、土佐湾に注ぐ。
野田知祐 『川へふたたび』 四万十川より、小学館文庫)

問題
1. 異なる意味になるのは文中のどこですか。
2. それはなぜですか。
3. 文意が正しく伝わるように、書き換えてみましょう。

答 え










解答例
1. この川の上流は激流が続くので、

2. 次の二つの意味があり、△本来の意味なので。
 〆いる場所の上流から出発するが、そこは激流が続くので、
◆〆いる場所は四万十川の上流であり、激流が続くので、

3.
 この川の上流に位置し激流が続くので、
 この川の上流域にいるので激流が続く。

 四万十川の上流のため激流が続くので、 
 四万十川の上流なので激流が続く。
 (次の文と、四万十川が重複する)


- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする









中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ