中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 文中の漢字176 | 最新へ | ことわざを使った文章194 >>

日野原さんの言葉から作文

 問題文を読んで作文してみましょう。

問題
 次の言葉を読んで、あなたが思ったことや考えたことを、後の条件にしたがって書いてください。
 はじめることは未来に花を咲かせることだ。
                           日野原重明 (注)
 (注) 聖路加国際病院名誉院長。百歳をこえた今も現役の医師
    として活動し、若い医師の指導に当たっている。
(条件)
1 題名は不要
2 次数は200字以上、250字以内
(秋田県高 入試問題)


問題の分析
 言葉の意味、自分の類似体験、言葉と自己の体験について考えたことを書き出してみましょう。
「創めること」とは?
 創造、創意工夫、創始者、創設などから、新しく始めること。

「花を咲かせる」とは?
 実現する、成功する、成就する、大成する。
 大輪の(りっぱな、見事な、すばらしい)花を咲かせる。
 目標を達成する。

似たような言葉は?
 千里の道も一歩から
 為せば成る、為さねばならぬ何事も
 意志あるところに道あり
 夢は実現する

自分の類似体験は? ← 各人、書き出してみましょう。
 登山を始め、24年かかって日本200名山を登頂した。
 横浜から京都・青森・新潟まで歩いた。
 大佐渡を山スキーで7年かかって縦走した。
 自由経済になった直後のモンゴルに行き、草原でキャンプをしながら釣りをした。
 数学のブログが7年目に、アクセス200万件を超えた。

社会での類似事例は?
 三浦雄一郎さんが最高齢の80歳でエベレストを登頂した。
 日野原重明さんは、百歳をこえた今も現役の医師として活躍する。
   :

考えたことは?
 この言葉は、サミュエル・ウルマンの詩「青春YOUTH)」に通じるところがある。
 また、西堀栄三郎 『石橋を叩けば渡れない』 の文章にも通じる。
 何歳になっても、新しいことにチャレンジする精神をもち、第一歩を踏み出し、継続することによって夢の実現に近づく。

 作文例を示します。

作文例
´↓きキΝЛ┃悪鵜沖貝













 日野原重明さんのこの言葉のように、何歳
になっても新しいことにチャレンジする精神
をもち、第一歩を踏み出し、継続することに
よって夢を実現していきたい。
 7年前、「中学から数学だいすき!」とい
うブログを始めた。数学のおもしろさを伝え
たいと思った。算数が苦手だった私は、中学
で方程式を習ってから、ツルカメ算の問題が
容易に解けるようになったからだ。
 ブログ画面を制御するCSSやHTMLを
独学で覚えた。原稿を書き続けるうち、アク
セスが200万件に達した。思えば、千里の
道も一歩からだった。
 


- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする









中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ