中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 熟語を使った文章195 | 最新へ | 古文の言葉149 >>

「の」の重複を避ける2

 問題を読んで文章を直してみましょう。

問題
 次の文から、「の」の重なりを減らしてください。

 孫が帰ってくる時間が近づくと、庭の柿の木の下に腰を下ろして待つのが日課です。義父はこの交流が本当に楽しいようです。
(読売新聞 2009年5月28日朝刊 気流 「心通わせ孫と筆談 毎日楽しみな義父」 から抜粋)

 「庭の柿の木の下に」の部分は、「の」が3つ重なっています。初めて読む人は、「庭の、柿の、木の」と、途切れるのではないでしょうか。書いた人は、「庭の、柿の木の下に」と読んでいる可能性があります。

答 え










答えの例
1.  孫が帰ってくる時間が近づくと、庭にある柿の木の下に腰を下ろして待つのが日課です。

2.  孫が帰ってくる時間が近づくと、庭木の柿の下に腰を下ろして待つのが日課です。

3.  孫が帰ってくる時間が近づくと、庭に出て柿の下に腰を下ろして待つのが日課です。

4.  孫が帰ってくる時間が近づくと、庭の柿の下で腰を下ろして待つのが日課です。


(参考) 「の」の重複を避ける


- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする









中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ