中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 熟語を使った文章198 | 最新へ | 文中の漢字181 >>

古文の言葉153

 次の古文を読んで、後の問いに答えてください。

 さるほどに、ゐのしし、子どもあまた並みゐける中に、ことにちひさきゐのしし、我慢おこして(強く自負して)、「総の司(全体のかしら)となるべし」と思ひて、歯を食ひしばり、目を怒らし、尾を振ってとびめぐれども、傍輩ら(はうばい:仲間たち)一向にこれを用いず。かのゐのしし気を砕ひて(思い悩んで)、「所詮かやうのやつばらに与(くみ)せん(仲間になる)よりは、他人に敬はればや、と思ひて、羊どもの並みゐたる中に行きて、前のごとく振る舞ひければ、羊勢ひにおそれて逃げ隠れぬ。
( 「伊曾保物語」 高知県高 入試文より)


 伊曾保(いそほ)物語は、江戸時代に翻訳されたイソップ物語です。

 このあとオオカミが来ます。イノシシは「自分がヒツジのかしらなので、オオカミは恐れるだろう」と思っていたところ、襲われてしまいます。ヒツジはイノシシを助けませんでした。

 下線の意味は語群のどれですか。
1 さるほどに
2 めぐれども
3 用いず
4 やつばら

語群
ア 必要としなかった
イ さて
ウ やつら
エ 回ったが

答 え











答 え
1 イ さて
2 エ 回ったが
3 ア 必要としなかった
4 ウ やつら  (ばら: 多数を表す)


- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする









中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ