中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ことわざで作文4 | 最新へ | 漢字の読み書き316 >>

ことわざで作文5

小論文 目次 >

 提示された言葉について作文してみましょう。

問題
 次のア〜オのように、古くから使われている言葉があります。後の条件に従って作文してください。
 ア わざわいを転じて福となす
 イ ちりも積もれば山となる
 ウ 玉磨かざれば光なし
 エ 石の上にも三年
 オ けがの功名

(条件)
 文章は3段構成とする。
 第1段落には、表現・内容などの視点で考えて、あなたが共通点を持っていると思う2つの言葉を、四角枠の中から選んで記号で書き表し、その共通点を1つ、具体的に書く。
 第2段落には、第1段落で選んだ言葉が、今でも使われていることについて、あなたが考える理由を書く。
 第3段落には、第1段落で選んだ言葉に限らず、四角枠のような言葉を、人とのかかわりの中で使う際に気をつけることについて、その理由も含めて、あなたの考えを書く。
 題名と氏名は書かず、原稿用紙(20字詰×12行)の正しい使い方に従い、10行以上、12行以内で書く。
(福岡県高)


ことわざは、どのような意味か?
わざわいを転じて福となす(災難を活かして幸福になる)
ちりも積もれば山となる(わずかなものでも積もれば高大になる)
玉磨かざれば光なし(才能があっても努力なしには立派になれない)
石の上にも三年(辛抱すれば、やがて成功する)
けがの功名(失敗したと思ったことが、よい結果になる)

似ていることわざはどれか? 具体例は?
 イとエ 積み重ねが成果を生む。
 例:英語を毎日聴くと、やがて聞き取れるようになる。

イとエが今も使われている理由は?
 人の行動は昔も今もあまり変わらないので、教訓・戒めが生きている。

気をつけて使うべきことわざは何か? その理由は?
 ウ このような言葉は、他人に使わないほうがよい。
 なぜなら、自分にも当てはまるにもかかわらず、他人に努力を強いることになるので。

作文例
´↓きキΝЛ┃悪鵜沖貝












 イとエの共通点は、積み重ねが成果を生む
ことである。例えば毎日英語を聴くと、やが
て聞き取れるようになる。
 イとエのような言葉は今も使われている。
なぜなら、人は安易な方向へ流されやすく、
継続や忍耐を避けようとする傾向があるから
である。これに対し先人の言葉は、教訓や戒
めを簡潔に表し、覚えやすく、時を超えて役
に立つからだと考える。
 ただし、ウのような言葉は、他人に対して
使わないほうがよい。なぜなら、成長の途中
にある自分にも当てはまるからである。

- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする






中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ