中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 熟語を使った文章200 | 最新へ | 文中の漢字183 >>

古文の言葉155

 次の古文を読んで、後の問いに答えてください。

 ある所の草庵に貧僧あり。非時ひじ:食事)に行かんと思ふ折ふし、雨ふりければ、しばらく晴れ間を待ちける所へ、近付ちかづき:親しい知人)一人来り、「からかさ一本御貸し」といへば、かさは一本、我が身も非時に行けば貸す事はならず。貸さぬも気の毒。ちやくと(すばやく)横になり、昼寝したる顔してゐる。この近付、「これこれ」と起こしけれども、寝入りたるふりしてかまはねば、ぜひなく帰り、隣の門に雨やどりしてゐる。かの僧、むくむくと起き、非時遅くならんと思ひ、かさをさして出(いで)ければ、隣に雨やどりしてゐたる男、「これ御坊、手がわるい」といへば、せんかたなくて、からかさをさして大いびきをかいた。
( 「露休置土産」 宮城県高 入試文より)


 露休置土産(ろきゅうおきみやげ)は、 露の五郎兵衛による江戸時代の噺本です。

 次のようなことが書かれています。
 僧は、知人に傘を貸さないために、寝たふりをする。知人が隣りの門で雨宿りをしていると、僧が傘をさして食事に出かけた。知人がとがめたところ、僧は傘をさして大いびきをかいた。

 下線の意味は語群のどれですか。
1 折ふし
2 ぜひなく
3 行けば
4 手がわるい
5 せんかたなく

語群
ア しかたがなく
イ ちょうどそのとき
ウ やり方がずるい
エ 行くなら
オ 行くので

答 え











答 え
1 イ ちょうどそのとき
2 ア しかたがなく
3 オ 行くので
4 ウ やり方がずるい
5 ア しかたがなく


- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする









中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ