中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 回文の例を分析 | 最新へ | 古文の言葉158 >>

熟語を使った文章203

 下線部に当てはまる四字熟語は語群のどれですか。

1.  巨額のビットインコインはなぜ消失したのか――。サイバー空間の______の問題に対し、警,,庁幹部は一様に「情報を収集している段階だ」と口をそろえ、見通しはまったく立っていない。

 
2.  体操の世界選手権で、ロンドン五輪金メダリストの内村航平が優勝、______の世界選手権4連覇を成し遂げた。

3.  真正面からのぶつかり合いが期待されていた相撲の取り組みに、立ち合いの変化は好ましくないと思った。地位にふさわしく、______とした取組を期待したい。

4.  「タクシー適正化・活性化改正法」が成立した。都心部や地方の大都市などタクシーの台数が多すぎる地域を「特定地域」に指定し、減車を義務づけるのが目的だ。 (略) タクシー各社が、それぞれに______を凝らし、新規需要の開拓競争に励むことが肝要である。
 
〔語群〕
 正々堂々
 前代未聞
 創意工夫
 前人未到

答 え










答 え
1. 前代未聞 (今まで聞いたことがなく、驚きあきれること)
2. 前人未到 (今までだれも足を 踏み入れたことがないこと)
3. 正々堂々 (二つの うち、どちらか一つを選ぶこと)
4. 創意工夫 (新しい考えや方法を見出すこと)


参考文献
〔1〕読売新聞 2014年3月1日夕刊 「ビットインコイン消失」
〔2〕同紙 2013年10月4日夕刊 「内村、世界体操V4」
〔3〕同紙 2012年2月1日朝刊 気流 「立ち合い変化残念」
〔4〕同紙 2013年12月2日朝刊 社説 「タクシー減車法」
(表記の一部を変更しています)


- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする






中学からの作文・論文 プロセス
関連学習 コメント メルマガ