中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 熟語を使った文章203 | 最新へ | 文中の漢字186 >>

古文の言葉158

 次の現代文に続く古文を読んで、問いに答えてください。

 四、五人が座敷で涼んでいると、一人が「本物の赤銅(銅と金・銀の合金)は奇妙なことに百足(むかで)が恐れる」というと、見栄っ張りの男が小刀をそっと抜き、「この小柄こづか:小刀)はすばらしい赤銅で、昔、俵藤太(大百足の退治で有名な武将)が持っていたら、弓矢がなくとも手柄を立てられたであろう」と自慢たらたらに話していると、20cm弱の百足が天井から落ちてきた
ので、人々はつと驚く。

 中にも、はたらいたる(機転のきく)男、「いや、騒ぐまい。さいぜんの小柄で平らげてやりませう」といへば、心得たりと、小刀をぬいて、百足の胴中、しかと押さへければ、百足ふり返り、やがて小柄をしつかと噛みければ、ぜひなく金火箸(かなひばし)にて挟みて捨てけり。「これはこれは、正真の赤銅と承ったが、どうした事じやの」といへば、「いやいや、赤銅は正真じやが、今のは百足が、にせであらふ。吟味して(調べて)みや」
( 露の五郎兵衛 「露休置土産」 静岡県高 入試文より)


 露の五郎兵衛の「露休置土産」は、江戸時代の小噺集です。

 下線の意味は語群のどれですか。
1 さいぜん
2 平らげて
3 やがて
4 ぜひなく

語群
ア しかたなく
イ そのまま
ウ さきほど
エ 討ち鎮めて

答 え











答 え
1 ウ さきほど
2 エ 討ち鎮めて(退治して)
3 イ そのまま
4 ア しかたなく


- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする









中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ