中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 席を譲る人たち | 最新へ | 熟語を使った文章211 >>

古文の言葉166

 次の古文を読んで、後の問いに答えてください。

 仏、(高弟の)阿難(あなん)具して道を過ぎ給ふ。道のほとりに穴あり。中に金(かね)あり。仏これを「毒蛇」とのたまふ。阿難これも悟りて、「大毒蛇」と言ふ。側(そば)なる人これを見て、蛇はなくて金なりとて、悦(よろこ)んで取りつ。おほやけ(時の為政者)聞しめして金を召すに、ある限りまゐらせけるに、「なほ残りあるらむ」と責めをかぶりける時、仏の毒蛇とのたまふ事、思ひ合はせける
(平康頼 『宝物集』 久留米大附属高 入試文より)

 平康頼(たいらのやすより)の『宝物集(ほうぶつしゅう)』は、平安時代の仏教説話集です。
 お金は毒蛇であるという理由が書かれています。

 下線の意味は語群のどれですか。
1 具して
2 のたまふ
3 聞しめして
4 まゐらせける
5 思ひ合はせける

語群
ア お聞きになって
イ 合点がいった
ウ おっしゃった
エ 連れて
オ 献上させる

答 え











答 え
1 エ 連れて
2 ウ おっしゃった
3 ア お聞きになって
4 オ 献上させる
5 イ 合点がいった


- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする









中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ