中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 席を譲る背広の男性 | 最新へ | 熟語を使った文章213 >>

古文の言葉168

 次の古文を読んで、後の問いに答えてください。

 ある山寺の坊主、慳貪けんどん:強欲)なりけるが、飴を治して(作って)ただ一人食ひけり。よくしたためて、棚に置き置きしけるを、一人ありける小児に食はせずして、「これは、人の食ひつれば死ぬる物ぞ」と言ひけるを、この児(ちご)、「あはれ、食はばや、食はばや」と思ひけるに、坊主他行(外出)の隙に、棚より取り下ろしけるほどに、打ちこぼして、小袖にも髪にも付けたりけり。日ごろ欲しと思ひければ、二、三坏よくよく食ひて、坊主が秘蔵の水瓶を、雨垂りの石に打ち当てて、打ち割りておきつ。
 坊主帰りたりければ、この児さめほろと泣く。「何事に泣くぞ」と問へば、「大事の御水瓶を、あやまちに打ち割りて候ふ時に、いかなるご勘当(お叱り)かあらんずらんと、口惜しくおぼえて、命生きてもよしなしと思ひて、人の食へば死ぬと仰せられ候ふ物を、一坏食へども死なず、二、三坏まで食べて候へども大方死なず。はては小袖に付け、髪に付けてはべれども、いまだ死に候はず」とぞ言ひける。
 飴は食はれて、水瓶は割られぬ。慳貪の坊主得るところなし。
( 「沙石集」 多摩大目黒高 入試文より)

 沙石(しゃせき)集は、鎌倉時代に無住(むじゅう) によって編集された仏教説話集です。

 強欲な坊主が外出した隙に、賢い児(ちご)は坊主の水飴(あめ)を食べてしまいます。児は大事な水瓶を割ってしまったので、食べると死ぬと言われた飴を食べたと言い訳します。

A 下線の意味は語群のどれですか。
1 したためて
2 食はばや
3 よしなし
4 大方死なず

語群
ア 食べたい
イ まったく死なない
ウ 食べて
エ しかたがない
オ おそらく死なない

B この文章は鎌倉時代に成立した「沙石集」に収められています。同じく鎌倉時代の鴨長明によって書かれた作品はどれですか。
ア 土佐日記
イ 方丈記
ウ 源氏物語
エ 枕草子

答 え











答 え

1 ウ 食べて
2 ア 食べたい (ばや: 〜したい)
3 エ しかたがない
4 イ まったく死なない

B イ 方丈記
(平安)  土佐日記  紀貫之
 枕草子  清少納言
 源氏物語  紫式部
(鎌倉)  方丈記  鴨長明
 沙石集  無住道暁


- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする









中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ