中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 熟語を使った文章215 | 最新へ | 本の世界を広げる作文 >>

古文の言葉170

 次の古文を読んで、後の問いに答えてください。

 ある人、木のつひえ(出費)いとひ、乗り物の棒(かごをかつぐ長い棒)さへ細めしとき、むかしはささら竹(先を細かく割った竹)に硫黄をつけ、これをつけ竹(火を移す竹)と言ひしに、今の世、つけ木(火を移す木)をもちゐるはいかんと、こざかしき人の言へるにより、さらばとて、つけ竹に改めけれど、火よくつかずして、ほどなくやみてけり。
 小事に心をもちゐる(ささいなことに気を配る)をかし。また話のみ聞きて、いまだこころみざる事を、みだりに言ふもうらめし
( 雨森芳洲 「たはれ草」 熊本県高 入試文より)

 「たはれ草」は、江戸時代に雨森芳洲(あめのもりほうしゅう)によって書かれました。

 次のようなことが書かれています。
 木の出費を抑えるため、かごをかつぐ棒でさえ細くしていた人が、つけ竹の話を聞き、木で火を移す代わりに竹を使ったがうまくいかなかった。

 下線の意味は語群のどれですか。
1 いとひ
2 こざかし                                            3 をかし
4 うらめし

語群
ア 趣きがある
イ いやがり
ウ 残念だ
エ 利口ぶった
オ こっけいだ

答 え











答 え
1 イ いやがり
2 エ 利口ぶった
3 オ こっけいだ
4 ウ 残念だ


- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする









中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ