中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 古文の言葉170 | 最新へ | ことわざを使った文章214 >>

本の世界を広げる作文

 問題文を読んで作文してみましょう。

問題
 「本の世界を広げる」というテーマで、図にある語を手がかりに、あなたが思っていることや考えたことを、後の条件にしたがって書いてください。
情報 比較 検索
筆者 人生 読者
知識 選択 活用
条件 1. 題名は不要。
2. 字数は200字以上、250字以内。
3. 図にある語を用いても用いなくてもよい。
(秋田県高)


本の世界を広げる、とはどのような意味か?
 本の: 本に関係して
 世界: 自分の知識・見聞の範囲 とすると、
 本に関係して自分の知識・見聞の範囲を広げる、という意味になる。
 「本によって知識・見聞を広げる」と理解することもできる。

本によって知識・見聞を広げるには?
語群を用いる(メモ)
 本から情報を得る。 本の情報を得る。
 本を比較する。
 本を検索する。
 筆者の説明や考えを理解する。
 読者は、思考過程や人生を追体験できる。
 本を選択する。
 本の知識を活用する。

語群を参考にする(メモ)
 聞く、読む、行うことによって、知識・見聞が広がる。
 中でも、読書によって役に立つ知識を得たり、思考過程や人生を追体験できる。
 しかし、本は無数にあり、読書できる時間は限られている。
 そのため、本を選択して読むことになる。
 では、どのように本を選べばよいか。
 /景垢簍Э佑僚馼召鮖温佑砲靴徳ぶ。著者や本の内容が分かる。版を重ねている本を選ぶ。好評であり、内容が洗練されていく。8電気鯀ぶ。年月を経て残ってきた古典は読むに値する。

 作文例を示します。

作文例
´↓きキΝЛ┃悪鵜沖貝













 本を選んで読むことによって、知識・見聞
をより広げることができると考える。なぜな
ら、役に立つ知識を得たり、考える過程や人
生を追体験できたりするからだ。
 しかし本は無数にあり、読書の時間は限ら
れている。本を選んで読まざるを得ない。
 そこで例えば、/景垢簍Э佑僚馼召鮖温
にして本を選ぶ。著者や本の内容が分かる。
版を重ねている本を選ぶ。好評で、内容が
洗練されていく。8電気鯀ぶ。年月を経て
残ってきた古典は読むに値する。
 選択する読書によって、本の世界がさらに
広がる。


- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする









中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ