中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 古文の言葉171 | 最新へ | ことわざを使った文章215 >>

「包む」を作文

 問題文を読んで作文してみましょう。

問題
 「包む」ということばから、あなたが思い浮かべることについて、あとの条件にしたがって書いてください。
条件
1.  最初に、あなたが「包む」ということばから思い浮かべることばを1つ書く。
2.  次に、どのようなことからそのことばを思い浮かべたのかを、300字以内で書く。
3.  題名や氏名は書かないで、本文から書き始める。。
(大阪府高)


「包む」から思い浮かべることばは? (各自、3つほど挙げる)
 渓流釣りで釣った魚を、新聞紙で包んで帰る。
 朝食で食べた納豆の容器を、チラシで包んで捨てる。
 家の菓子店を手伝い、お客さんが買った洋菓子や和菓子を折り箱に詰め、包装して渡す。

そのことばを思い浮かべたのはなぜ
 渓魚を新聞紙で包み持ち帰る: 魚が傷みにくく、手軽。紙の活用。
 納豆の容器をチラシに包み捨てる: 臭いが立たず、べたつかない。手軽。水洗い不要。紙の活用。
 菓子折りを包装紙で包む: 包装が難しかった。しだいに、できるようになる。習うより慣れよ。

読者が興味をもちそうな話題で、書きやすいのはどれか?
 店番で、菓子折りを包装できるようになったこと。

 作文例を示します。

作文例
´↓きキΝЛ┃悪鵜沖貝















 「包む」ということばから、「菓子折り」
を思い浮かべる。
 私の家では、母が食堂を、父が菓子店を開
いている。休日など食堂が忙しいときは、応
援に行く父に代わり店番をする。店内には、
洋菓子、和菓子、駄菓子などが置かれている。
 店番で難しいことは、菓子折りの包装だ。
たくさん買っていただいたケーキや和生は、
ふたのある箱に入れ、包装し、ひもをかける。
 包装紙は必要最低限の大きさなので、紙の
かけ方によって、上下左右が対称にならない。
失敗して折り目がついた紙は使えない。ひも
は、緩まないようにかける。
 初めは難しかった。だが習うより慣れろで、
いつしか包装ができるようになっていた。


- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする









中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ