中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ことわざ・慣用句 事例 (151〜180) | 最新へ | ことわざ・慣用句 事例 (211〜240) >>

ことわざ・慣用句 事例 (181〜210)

 作文・論文のプロセス > ことわざ・慣用句

ことわざ181
忸怩たる思い
身から出た錆
絵に描いた餅
和気あいあい

ことわざ182
胸を張る
肝に銘じる
轍を踏む
舌を巻く

ことわざ183
棒に振り
一肌脱いで
心を鬼にして
人事を尽くして天命を待つ

ことわざ184
頭が下がる
顔をそろえる
手を打つ
胸を打つ

ことわざ185
胸が騒ぐ
胸が熱くなった
胸を張りました
胸をなでおろしている

ことわざ186
根も葉もない
心臓に毛が生えている
向こう三軒両隣
うそつきは泥,棒の始まり

ことわざ187
知らぬが仏
色を失った
一石を投じた
笑う門には福来る

ことわざ188
目に余る
火中の栗を拾った
胸を張れる
遅きに失した

ことわざ189
腰折れ
歯に衣着せぬ
語り草
てんてこ舞い

ことわざ190
冷や水を浴びせ
警鐘を鳴らした
砂上の楼閣
手に汗を握り
ことわざ191
言葉を失った
物議をかもしている
しのぎを削る
怒り心頭に発する

ことわざ192
巻き返し
右肩上がり
テコ入れ
大盤振る舞い

ことわざ193
頭が下がる
歯がゆい
頬が緩む
目を丸くする

ことわざ194
かじ取り
他山の石
転ばぬ先の杖
蚊帳の外

ことわざ195
一枚上手
茨の道
目白押し
鳴り物入り

ことわざ196
頭が下がる
腕の見せ所
腰を折る
胸が熱くなる

ことわざ197
肝を冷やし
耳目を集め
一計を案じ
宝の持ち腐れ

ことわざ198
頭が下がる
手が届く
手に汗を握る
むかっ腹を立てる
胸を張る

ことわざ199
水を差す
秋波を送り始めた
水を向ける
波風を立てる

ことわざ200
矛先をかわす
一石を投じる
人事を尽くして天命を待つ
海老で鯛を釣る
ことわざ201
呼び水
板挟み
巻き返し
矢継ぎ早

ことわざ202
肩身が狭い
ごぼう抜き
万感の思い
転ばぬ先の杖

ことわざ203
波風を立てない
場当たり的
追い風
遅かれ早かれ

ことわざ204
触らぬ神にたたりなし
心を鬼にして
枚挙にいとまがない
肩を並べて

ことわざ205
波紋を呼んでいる
二の舞になりかねない
クギを刺された
拍車をかけている

ことわざ206
寝耳に水
くぎを刺した
波紋が広がっている
矢面に立つ

ことわざ207
 頬を緩めた
 元も子もない
 元のもくあみ
 焼け石に水


ことわざ208
足手まとい
二の足を踏んでいる
垂ぜんの的
虚を突かれた


ことわざ209
二足のわらじ
背水の陣
青天の霹靂
後の祭り


ことわざ210
犬猿の仲
お裾分け
和気あいあい
及び腰


- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする









中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ