中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 文中の漢字203 | 最新へ | 古文の言葉175 >>

熟語を使った文章220

 下線部に当てはまる四字熟語は語群のどれですか。

1.  著名な故人ではあれ、ひとさまの恋文を読む行為には心の密室を盗み見るやましさがつきまとうせいだろう。「失礼します」と心で詫びつつ、______でその記事を読んだ。谷崎潤一郎が妻・松子などと交わした未公開書簡の存在が確認されたという。

2.  前回躍進した「第3極」の政党は______を繰り返し、みんなの党は解党した。維新、次世代の両党は、非自民・非民主の有権者の受け皿になれるだろうか。

 
3.  妻はクロスワードの月刊誌を購入して、______な問題に挑んでいる。

4.  気がかりなのは、各国が実際に有効な経済政策を打っていけるかどうか、不安が多い点だ。 (略) 欧州では、各国の足並みの乱れから、______な政策対応が取れるかどうか危ぶまれている。
 
〔語群〕
 離合集散
 臨機応変
 興味津々
 多種多様

答 え










答 え
1. 興味津々 (興味がたえず湧いて尽きないこと)
2. 離合集散 (集まったり解散したりすること)
3. 多種多様 (種類が多く、様々であること)
4. 臨機応変 (状況に応じて適切に対応すること)


参考文献
〔1〕読売新聞 2014年11月26日朝刊 「編集手帳」
〔2〕同紙 12月13日朝刊 社説 「きょう投票」
〔3〕同紙 12月10日朝刊 気流 「熱中クロスワード 夫婦で難問に挑む」
〔4〕同紙 11月18日朝刊 社説 「G20と世界経済」
(表記の一部を変更しています)


- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする






中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ