中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ことわざを使った文章220 | 最新へ | 漢字の読み書き205 >>

読書を豊かにする作文

 問題文を読んで作文してみましょう。

問題
 あとの資料「読書後の行動(中学生)」について、次の問いに答えてください。
問い あなたは、読書をより豊かなものにするために、読書後にどのようなことをしていきたいと考えますか。資料をふまえて、次の条件にしたがって、あなたの考えを書いてください。
条件
(1) 2段構成とし、10行以内で書く。
(2) 前段では、資料全体から読み取ったことを書く。
(3) 後段では、前段の内容をふまえて、読書をより豊かにするために読書後にどのようなことをしていきたいかについて、理由を含めて、あなたの考えを書く。
(4) 氏名や題名は書かない。
(5) 原稿用紙(20字詰×10行)の適切な使い方にしたがって書く。
読書後の行動
(千葉県高 入試問題)


問題の分析
「読書を豊かにする」を別の言葉で表すと?
 読書を豊富にする(読む本を豊富にする)
 読書を十分なものにする
 読書を有意義なものにする
 読書を価値あるものにする
 読書を役に立つものにする
 読書を有益なものにする
 読書から得られるもの(知識、見識)を増やす

 ここでは読後の行動の目的を、「読む本を豊富にする(増やす)こと」にします。

グラフから読み取れることは?
 7割から8割近くの人が、読んだ本の続編や同じ作者や同じ種類の本を読んでいる。

狭く深く読むことについてどう考えるか?
 賛成: 著者の考えや文章を、さらに深く味わうことができる。
 反対: 似たような本よりも、範囲を広げて読むほうがよい。

 作文例を示します。

作文例
´↓きキΝЛ┃悪鵜沖貝










 7割から8割近くの人が、読んだ本の続編
や同じ作者や同じ種類の本を読んでいる。
 多種多様な本があるので、あえて似たよう
な本を読まなくてもよいかもしれない。しか
し私は、読んだ本を核として、本の世界を広
げることはよいと考える。なぜなら、‖真
の本の中から次に読む本を見つけるのはたい
へんである。⇔犹の本は当たり外れが少な
い。作者の考えや文章を、さらに深く味わ
うことができるからだ。

 グラフの下位の行動は、読後の行動の目的が「読書から得られるもの(知識、見識)を増やすこと」と見なせます。
読書後の行動(下位)

(参考)
 本の世界を広げる作文
 心の豊かさの作文


- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする









中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ