中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ことわざを使った文章223 | 最新へ | 漢字の読み書き208 >>

話し合いの司会を作文

 問題文を読んで作文してみましょう。

問題
 話し合いを行う際に気をつけることとして、次のア〜ウのようなことがあります。後の(条件)に従い、作文してください。
 初めに話し合いの目的を明確にする。
 発言していない参加者に発言を促す。
 話し合いを時間内に終わらせる。
(条件)
 文章は3段構成にする。
 第1段落には、あなたが司会者の立場として大切だと思うことを、ア〜ウの中から1つ選んで記号で書き表し、その理由を書く。
 第2段落には、ア〜ウの中に書かれていること以外で、司会者として気をつけることを1つ挙げ、その理由を書く。
 第3段落には、討論や対話のような話し合いが、社会生活の中で必要とされている理由について、あなたの考えを書く。
 題名と氏名は書かず、原稿用紙(20字詰×12行)の正しい使い方に従い、10行以上、12行以内で書く。
(福岡県高 入試問題)



司会で大切なことは何か? その理由は?
ア 話し合いの目的を明確にする。 問題解決の場としたいので。

司会者として、ほかに気をつけることは?
決定事項、保留事項を明確にし、保留事項は担当者と解決期日を決める。話し合いを有効にするため。

話し合いは、社会生活の中でなぜ必要か?
十人十色なので。互いの立場や考え、利害を相互理解するため。

 作文例を示します。

作文例
´↓きキΝЛ┃悪鵜沖貝












 話し合いの司会者として、アが大切だと考
える。なぜなら、目的を共通認識してもらい、
問題解決の場としたいからである。目的が明
確ならば、手段を共に考えやすい。  
 司会者は、問題解決にあたり、決定事項と
保留事項を参加者と確認し、保留事項は担当
者と解決期日を決める。これは、参加者の労
力や時間を無駄にしないためである。   
 話し合いが必要なのは、十人十色だからで
ある。立場・考え・利害が異なるいろいろな
人が、社会生活をしている。そのため話し合
いは、相互理解や問題解決に役立つ。


- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする









中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ