中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 漢字の読み書き216 | 最新へ | 古文の言葉188 >>

朝食と起床時刻を作文

 問題文を読んで作文してみましょう。

問題
 国語の時間に、「朝食と生活習慣」というテーマで意見文を書くことになりました。次の資料から読み取ったことを根拠にして、自分の意見を文章にまとめてください。

朝食摂取状況と起床時刻

(条件)
1. 2段構成とする。第1段落には、朝食を必ず毎日食べる人とそうでない人との違いに着目し、資料から読み取ったことを書く。第2段落には自分の意見を書く。
2. 段落の始めは、1字分あける。
3. 120字以内で書く。
(広島県 高校入試 改題)


割合を示す棒グラフの特徴は?
各棒グラフの度数分布を考える。
起床時刻は5つの階級からなり、代表値である中央値を求める〔1〕。
(100人いるとして、101÷2=50.5 から、50番目と51番目の階級を求める)
 必ず毎日食べる: 。隠后ィ后棕械魁ィ魁瓧毅魁ィ押,ら、
              中央値の階級は、6:01〜6:30
   そうでない人: ■隠魁ィ魁棕横掘ィ機瓧苅亜ィ
              中央値の階級は、6:31〜7:00
             6.3+18.8+31.3=56.4
              中央値の階級は、6:31〜7:00
             ぃ検ィ掘棕隠供ィ掘棕械院ィ后瓧毅掘ィ
              中央値の階級は、6:31〜7:00
  銑いら、中央値の階級は、必ず毎日食べる人は6:01〜6:30で、そうでない人は6:31〜7:00である。
資料から読み取ったことに対する意見は?
 必ず毎日食べる人は、そうでない人より30分早起きしている傾向がある。これにより、朝食をとる時間の余裕ができると考える。
 朝食の摂取と学力・体力とは関係があるという。しっかり食べて、頭と体に栄養を補給しよう〔2〕。

 作文例を示します。

作文例
´↓きキΝЛ┃悪鵜沖貝





 各棒グラフの度数分布で、中央値の階級は、
必ず毎日食べる人は6:01〜6:30で、
そうでない人は6:31〜7:00である。
 必ず毎日食べる人は、そうでない人よりも
30分早く起きる傾向がある。これにより、
朝食をとる時間の余裕ができると考える。


参考文献
〔1〕 中学から数学だいすき! 中央値を求める
〔2〕 データでみる朝食の大切さ (2015年6月26日参照)


- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする









中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ