中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 古文の言葉203 | 最新へ | 熟語を使った文章248 >>

大切にしたい伝統を作文

 問題文を読んで作文してみましょう。

問題
 新聞の投書欄に「いつまでも大切にしたい伝統」というタイトルで意見文を投稿することにしました。次の条件に従って投稿する文章を書いてください。
条件
 具体例を挙げて書く。
 自分の考えとその理由を明確にする。
 240字以上300字以内で書く。
(栃木県高 入試問題より)


はじめに、伝統の意味を考えましょう。
「伝統」の用例は? (← どんどん書き出す)
伝統文化 (茶道、生け花、日本庭園、着物、和食、御輿、初詣)
伝統芸能 (日本舞踊、盆踊り、歌舞伎、能、狂言、神楽)
伝統を引き継ぐ (鵜飼、鷹匠、マタギ)
伝統ある街並み (京都、金沢、倉敷、津和野)
伝統工芸 (こけし、漆工芸、竹細工、和紙)
伝統を守る (親方・弟子、過去・現在・未来)
伝統の技 (宮大工、刀鍛冶、各種職人)
伝統ある〜部 (野球、柔道、剣道、相撲、探検、農学)

辞書の定義は?
昔から受け継がれてきた風習や傾向。(三省堂 Web Dictionary)
ある集団・社会において,歴史的に形成・蓄積され,世代をこえて受け継がれた精神的・文化的遺産や慣習。 「民族の−」 「 −を守る」 (Weblio辞書)

用例と定義から、伝統の特質は?
衣食住、生活、娯楽に関係している。
専門とする人がかかわる。
無形の技術や考えにもとづくが、成果物は見える。
過去、現在、未来へとつながる。

書きやすそうな伝統は? (← 各自、考える)
竹細工
川釣りや海釣りで、竹の魚籠(びく)を使っている。
食べるらっきょうの形をしていて、上部に丸いふたがついる。
表皮のついた竹ひごで編まれているので、竹色の光沢があり、丈夫だ。
この魚籠は、九州のみやげ店で見つけたものだ。
竹のかごを作っている所が近いことが分かり、見学に行く。
親方のような人が一人いて、親方以外の五、六人は、すべて小学生くらいの背丈で、器用に竹を割ったり、竹ひごを編んだりしている。
竹細工の伝統を、この人たちがつないでいることを知った。
らっきょう形のビクは、大・中・小の3個を持っている。
多くの利用者が竹製品を使うすることで、竹細工の伝統が継承されると考える。
なぜなら、竹職人が活躍できるからである。

 作文例を示します。

作文例
´↓きキΝЛ┃悪鵜沖貝















 いつまでも大切にしたい工芸品がある。そ
れは、釣りで使っている竹の魚籠だ。らっき
ょう形をしていて、表皮のついた竹ひごで編
まれている。丈夫で、使うほどに光沢を増す。
 魚籠は、九州の土産店で見つけた。作って
いる所が近いことが分かり見学に行く。
 竹かご作りを生業としている人たちがいた。
親方のような人が一人いる。他の五、六人は、
すべて小学生のような背丈で、小さな手で竹
を割ったり編んだりしている。
 その後、らっきょう形の魚籠を大・中・小
とそろえた。魚籠に限らず、多くの人が竹製
品を愛用することによって、伝統工芸が受け
継がれていくと考える。需要があれば、竹職
人が活躍できるからである。



- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする









中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ