中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ポスターを選ぶ作文 | 最新へ | 熟語を使った文章251 >>

古文の言葉206

 次の古文を読み、後の問いに答えてください。

 成通卿(なりみちきやう)年ごろ(長年)まり:蹴鞠)を好み給ひけり。その徳(恩恵)やいたりにけむ、ある年の春、鞠の精、懸(かか)りの(庭の隅に植えた)柳の枝にあらはれて見えけり。みづら(少年の髪型)結ひたる小児年十二三ばかりにて、青色の唐装束からさうぞく:唐織物の晴れ着)して、いみじく(たいそう)うつくしげにぞありける。
 なにごとをも始むとならば、底(奥底)をきはめて、かやうのしるし(ご利益)をもあらはすばかりにぞ、せまほしけれど、かかるためし、いとありがたし
 されば、
 学ぶ者は牛毛のごとし(のように数が多い)。得る者は麟角(キリンの角)のごとし(のように珍しい)ともあり。
 また、
 することかたき(困難)にあらず。よくすることのかたきなりともいへる、げにもと(本当だと)おぼゆるためしありけり。
(「十訓抄」より 京都府高 入試文)


  「十訓抄」(じゅっきんしょう)は鎌倉時代の説話集で、編者は分かっていません。
 (藤原)成通は長年蹴鞠(けまり)を好んでいた。その恩恵か、鞠の精が柳の枝に現れた。精は12、13歳の少年だった。
 何事も、ご利益があるほどに奥を極めたいものだ。
 学ぶ者は多いが、達する者は珍しい。
 することは難しくないが、よくすることは難しい。

 下線の意味は語群のどれですか。
1 うつくし
2 せまほし
3 ためし
4 ありがたし
5 おぼゆ

語群
ア したい
イ 難しい
ウ 思われる
エ 愛らしい
オ 例

答 え











答 え
1 エ 愛らしい  (愛(うつく)し)
2 ア したい   (為(せ)まほし)
3 オ 例      (例(ためし)
4 イ 難しい   (有り難(がた)し)
5 ウ 思われる (覚(おぼ)ゆ)


- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする






中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ