中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 古文の言葉214 | 最新へ | 漢字の読み書き243 >>

読書のよいところを作文

 問題文を読んで作文してみましょう。

問題
 次の資料を見て、読書についてのあなたの考えを、なぜそう考えるかという理由を含めて、後の条件に従って述べてください。
 読書のよいところ
条件
 上の資料を見て気づいたことを交えて書く。
 あなたが体験したことを交えて書いてもよい。
 段落は、内容に応じて設ける。
 文章の長さは、300字以上、400字以内とする。
 資料の中の数値を使う場合は、次の例に示した書き方とする。
 例: 62.6% (全角
     40.0% または 40%
 氏名、文題は書かない。 
(愛媛県高 入試問題より)


資料から気づいたことは?
資料の6項目は、「読書のよいところ」を的確に示していると考える。

その理由は?
例えば、『さすらいの山釣り』(根岸治美、つり人ノベルズ)の「朝の奥利根」という約800字の随筆から、資料の6項目が実感できる。著者は詩人で、鳥獣虫魚や野草に詳しい。
/靴靴っ亮韻箴霾鵑得られる――初夏の奥利根でヤマツツジが消え、シラネアオイが咲いている。
感性が豊かになる――コルリの歯切れのいい早口の歌「ピーチョッチョ、ピールリ、ピールリ」。
Kかな言葉や表現を学べる――「水墨画のような漠々と深い雨の矢木沢湖は、満々と水をたたえている」。
ち杼力や空想力を養える――「湯の花小屋の水没した水辺に、木々は勢いを得て繁り」。
ゴ尭阿鯡わえる――「釣り場はまたひとつ失われてしまったけれど、私は奥利根での意外な収穫に、心を踊らせるのだった」。
Τ擇靴時間を過ごせる――その場にいるような時が流れる。

 作文例を示します。

作文例
´↓きキΝЛ┃悪鵜沖貝




















 資料の6項目は、「読書のよいところ」を
的確に示していると考える。
 根岸治美著「さすらいの山釣り」という珠
玉の随筆がある。著者は詩人で、鳥獣虫魚や
野草に詳しい。「朝の奥利根」という800
字程の文章から、次の 銑Δ鮗卒兇任る。
 /靴靴っ亮韻箴霾鵑得られる―初夏の奥
利根でヤマツツジが消え、シラネアオイが咲
いている。感性が豊かになる―コルリの歯
切れのいい早口の歌「ピーチョッチョ、ピー
ルリ、ピールリ」。Kかな言葉や表現を学
べる―「水墨画のような漠々と深い雨の矢木
沢湖は、満々と水をたたえている」。ち杼
力や空想力を養える―「湯の花小屋の水没し
た水辺に、木々は勢いを得て繁り」。ゴ尭
を味わえる―「釣り場はまたひとつ失われて
しまったけれど、私は奥利根での意外な収穫
に、心を踊らせるのだった」。Τ擇靴時間
を過ごせる―その場にいるような時が流れる。
 読書のよいところが6項目に現れている。


- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする









中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ